「健康食品」の問題点

「健康食品」の問題点"
「健康食品」の問題点は、「健康被害」の問題と、「薬事法」の問題に集約されると思います。
中国製のダイエット食品により、死亡例がでたというニュースが数年前に話題になりましたが、要約すると、「健康食品」に、本来は医薬品成分である甲状腺ホルモンが含まれており、それに伴い肝臓に障害を来したというものでした。

健康になるために「健康食品」を摂取したのに、病気になってしまい、場合によっては命をも落としてしまう。こんな、冗談にもならないことが起こりえるのが「健康食品」であるという側面もあります。

また、「○○病に効く」という「効能効果」というものは、「薬事法」で定められた医薬品に限って認められたものです。よって、法律上は食品に分類される「健康食品」で、ある種の効果を期待させるような文言を関連づけることは、薬事法に抵触する可能性がでてきます。

健康被害と薬事法にまつわる問題。このあたりの怪しさが、「健康食品」のネガティブなイメージにつながっていると感じます。