大学院の授業は期待通りでしたか?

大前研一氏(左)と

大前研一氏(左)と

期待以上の価値ある授業が多かったです。BOND MBAコースの特徴としては、アカデミックな教授だけでなく、リアルビジネス出身の教授が多いところです。

たとえば、高橋俊介氏(経営コンサルタント)の人事マネジメント論、御立尚資氏(BCG VP)や平久保仲人氏(ニューヨーク市立大学)のマーケティング論。大前研一氏の経営戦略など、4P、3C、SWOTなどフレームワークを超えた、リアルなビジネスケースを考える機会を与えられました。BOND大学、現地の交渉学や起業プロセスの教授も、素晴らしかったです。

忙しいながらも、時間を上手く使って無事卒業された松宮さんですが、このプログラムで得たものは何ですか?また、ここで勉強したことを、今後はどのように生かしていきたいですか?

このプログラムで得たものは、考える癖、達成感、自信です。今後は、「ビジネスを儲かるモデルへ」、「起業やプロジェクトを儲かるモデルへ」構築していくプロセスを経験して、MBAで学んだことを活かしたいと考えています。

プライベートでは、BOND MBAコースにtransferする際に相談した友人と、after MBAの次なる挑戦を考えています。

最後にひとこと!

BOND MBAコースは、世界のどこにいても、会社を辞めることなく、MBA(経営学修士)という学位を取得できます。費用は300万程度です。低価格で、時間と場所に制限されることのないe-LearningタイプのMBAコースです。

内容的にもすばらしいMBAコースになっています。高橋俊介さん、内田和成さん、御立尚資さん、竹内弘高さん、大前研一さんという面々の授業。MBAブランドと学ぶ内容が、キャリアアップにつながることは間違いありません。

関連記事
インターネットでMBA・修士号を取る~ビジネスパーソンのための米英100大学eラーニング活用法~(笠木恵司著)
社会人学生インタビュー(学校別一覧から好きなインタビューがご覧になれます)
「ハマる」と評判!BOND-BBT-MBA
「仕事・家事・介護 vs MBA取得」48歳女性の新たな挑戦
仕事をしながらMBA取得「英国ウェールズ大学大学院MBA」
【大学院留学経験者が教える】留学先下見のチェックポイント
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。