社会人でも奨学金や授業料免除制度を受けられる

一般的に初年度納入金(2002年現在)は国立大学で773,800円、私立大学で100万~150万円前後(医を除く)となっており、学費の支払いは、例え収入がある社会人にとっても頭の痛い問題だ。

学費納入は、期日を守らなければならない。合格後、決められた期間以内に手続きをしなかった場合は、「入学の意志がない」として、辞退とみなされてしまうので要注意。せっかく大変な思いをして合格しても、学費を期日までに支払えなければ、全て水の泡となってしまうので、受験の際は十分な学費を準備して臨もう。また授業で使う教科書代、施設管理費、ゼミ合宿費、そして交通費など、学費以外の出費も案外多いので気をつけよう。

<目次>  

日本学生支援機構は社会人でも利用できる?

独立行政法人日本学生支援機構法(旧日本育英会奨学金)
日本育英会には第1種奨学金(無利子)と第2種奨学金(有利子)がある。第1種は無利息の奨学金で特に優れた学生及び生徒で、経済的理由により著しく修学困難な者に貸与される。従って社会人は基本的には利用不可。ただし、失業や災害などで家計急変のため修学困難になった方は、緊急採用扱いで第1種奨学金(無利子)が受けられる。

<第一種奨学金>
自宅通学月額(私立大学51,000円、国立大学42,000円)
自宅外通学月額(私立大学61,000円、国立大学48,000円)

第2種奨学金は『きぼう21プラン奨学金』と呼ばれ、利息付き奨学金(在学中は無利息)で第一種奨学金よりゆるやかな基準によって選考された者に貸与される。

大学・短大・高専(4・5年生)・専修学校(専門課程)学生:3万円・5万円・8万円・10万円の中から、大学院生は、5万円・8万円・10万円・13万円の中から、それぞれ申込者が月額を選択。私立大学の医学部・歯学部・薬学部・獣医学課程については、奨学生の希望に応じ、医学・歯学課程は4万円、薬学・獣医学課程は2万円の増額(平成13年度採用者は増額部分年利3.0%)を加えた貸与月額を受けることができる。

第1種、第2種とも卒業後に返還しなくてはならない。審査基準は家計の収入、及び学業成績となっており、申込は在籍する大学を通じて行う。しかし最近では不況の影響もあり、奨学金の申請者が急増しているため、審査の結果、申請が通らないこともある。

問合先:独立行政法人日本学生支援機構法(旧日本育英会奨学金)

 

各大学独自の奨学金

各大学でも様々な奨学金を用意しているが、「経済的な理由等で、学費の支払いが著しく困難な者」を対象とする奨学金が多くを占める。しかし、例えば慶應義塾大学のように、希望者全員に貸与される奨学融資制度などもあるので、自分の志望大学に直接問い合わせてみよう。ただし、日本の大学で実施している奨学金は、たいてい入学後に奨学金申請期間を設定しているため、初年度の学費納入が必要となるケースが多い。

早稲田大学における奨学金
社会人が受けられる奨学金は大隈記念奨学金(給付)で40万円、大学院博士後期課程。
奨学金(給付)が9万円から15万円。

慶應義塾大学における奨学金
社会人が受けられるものとしては、慶應義塾大学奨学金20万円~80万円、三田会記念大学奨学金50万円があり、いずれも返還義務なし。また慶應義塾大では、奨学融資制度という利子給付奨学金付き学費ローンを採用しており、これは1997年より実施され、家族の所得や保証に関係なく、慶應義塾が保証することで、原則として希望すれば誰でも金融機関から直接融資が受けられるというもの。

借り入れに伴う利子等の全額または一部を一定期間内、大学側が奨学金として給付する形なので、家庭の事情で進学を断念せざるを得なかった学生側からすれば、非常にありがたい制度だろう。

 

大学ごとの入学金・授業料免除・学費割引制度を狙え!

大学は、たいてい奨学金とは別に、入学金や授業料を免除(もしくは割引)する制度を持っている。

授業料免除とは、主に「経済的理由により授業料の納付が困難でかつ成績優秀な者に対し、選考の上免除する」と言うもの。募集期間は各大学で定められており、たいていその際家族全員の「居住区の市町村発行の所得証明書」の提出が求められる。

例えば、家庭を持ち、収入の大半を担う一家の主が仕事を辞めて学生になった場合など、授業料免除が適用されているケースが多いと聞く。授業料免除なら、実質奨学金のようなものだし、経済的に厳しい方はぜひ挑戦してみよう。

ちなみにこういったお知らせは、募集期間が短く、学校の掲示板などに張り出されることが多いので、常にチェックしよう。または学務課などに学費免除希望者の受付がいつ頃になるか、予定を確認したり、直接相談するのも手である。

また、他にも様々な割引制度が、大学独自に実施されている。例えば武蔵野女子大学通信教育部では、入学検定料を無料にしたWEB出願受付システムを採用したり、学費支払いは従来の銀行振込をやめ、手数料無料の口座引き落としにするなど、独自のシステムを開発している。また、北陸大学では、家族に同大学卒業生か在学生がいる場合は、申請者全員が20万円の給付を受けることが出来る阪南大学では、成績優秀者や資格保持者など、大学が定める規定基準をクリアした入学者全てに対し、入学年度の授業料から540,000円を免除する。

このように各大学が独自に割引制度を持ち、制度がずいぶん整備されてきているので、見逃す手はない!

 

社会人のみを対象とした各種割引制度

大学における、【社会人対象の割引制度】には、下記のようなものがあるのでぜひ参考にして欲しい。

大同工業大学(名古屋市)
社会人コースの学生のみ学費半額

国士舘大学法学部現代ビジネス法学科
アフタヌーンコースで割引あり。
(参考)初年度の学費(平成14年度)
一般受験枠入学者:1,021,800円
社会人入試枠入学者843,800円

姫路日ノ本短期大学
社会人特別入試合格者で、21歳以上の方は入学金半額免除。または、満20歳以上で教員免許状・保育士・看護師・社会福祉士・介護福祉士のいずれかの有資格者は、入学金全額免除。

※全て2002年6月現在の情報。変更もあり得ますので、必ず各大学に直接お問い合わせ下さい。

 

社会人の強み!厚生労働省の教育訓練給付金制度を利用しよう

これは、5年以上雇用保険に加入している人か、5年以上の雇用保険加入者で、離職1年以内に受講を開始した人が、厚生労働大臣指定講座を修了した場合に、教育訓練経費の80%に相当する額(上限30万円)をハローワークから支給してもらえるというとってもうれしい制度。自分が支給対象者かどうかは、住所管轄のハローワークで照会できるが、この制度の指定講座として、正規の大学・大学院が急増中!自分の希望する大学がこの制度の指定講座になっている可能性もあるので、下記サイトで検索してみよう。

中央職業能力開発協会運営
教育訓練給付金制度厚生労働大臣指定教育訓練講座検索システム

もっと詳しく知りたい方はこちら→学費の8割が戻ってくる?


【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。