一般的に初年度納入金(2002年現在)は国立大学で773,800円、私立大学で100万~150万円前後(医を除く)となっており、学費の支払いは、例え収入がある社会人にとっても頭の痛い問題だ。

学費納入は、期日を守らなければならない。合格後、決められた期間以内に手続きをしなかった場合は、「入学の意志がない」として、辞退とみなされてしまうので要注意。せっかく大変な思いをして合格しても、学費を期日までに支払えなければ、全て水の泡となってしまうので、受験の際は十分な学費を準備して臨もう。また授業で使う教科書代、施設管理費、ゼミ合宿費、そして交通費など、学費以外の出費も案外多いので気をつけよう。

奨学金を狙え!

独立行政法人日本学生支援機構法(旧日本育英会奨学金)
日本育英会には第1種奨学金(無利子)と第2種奨学金(有利子)がある。第1種は無利息の奨学金で特に優れた学生及び生徒で、経済的理由により著しく修学困難な者に貸与される。従って社会人は基本的には利用不可。ただし、失業や災害などで家計急変のため修学困難になった方は、緊急採用扱いで第1種奨学金(無利子)が受けられる。

<第一種奨学金>
自宅通学月額(私立大学51,000円、国立大学42,000円)
自宅外通学月額(私立大学61,000円、国立大学48,000円)

第2種奨学金は『きぼう21プラン奨学金』と呼ばれ、利息付き奨学金(在学中は無利息)で第一種奨学金よりゆるやかな基準によって選考された者に貸与される。

大学・短大・高専(4・5年生)・専修学校(専門課程)学生:3万円・5万円・8万円・10万円の中から、大学院生は、5万円・8万円・10万円・13万円の中から、それぞれ申込者が月額を選択。私立大学の医学部・歯学部・薬学部・獣医学課程については、奨学生の希望に応じ、医学・歯学課程は4万円、薬学・獣医学課程は2万円の増額(平成13年度採用者は増額部分年利3.0%)を加えた貸与月額を受けることができる。

第1種、第2種とも卒業後に返還しなくてはならない。審査基準は家計の収入、及び学業成績となっており、申込は在籍する大学を通じて行う。しかし最近では不況の影響もあり、奨学金の申請者が急増しているため、審査の結果、申請が通らないこともある。

問合先:独立行政法人日本学生支援機構法(旧日本育英会奨学金)

各大学独自の奨学金

各大学でも様々な奨学金を用意しているが、「経済的な理由等で、学費の支払いが著しく困難な者」を対象とする奨学金が多くを占める。しかし、例えば慶應義塾大学のように、希望者全員に貸与される奨学融資制度などもあるので、自分の志望大学に直接問い合わせてみよう。ただし、日本の大学で実施している奨学金は、たいてい入学後に奨学金申請期間を設定しているため、初年度の学費納入が必要となるケースが多い。

早稲田大学における奨学金
社会人が受けられる奨学金は大隈記念奨学金(給付)で40万円、大学院博士後期課程。
奨学金(給付)が9万円から15万円。

慶應義塾大学における奨学金
社会人が受けられるものとしては、慶應義塾大学奨学金20万円~80万円、三田会記念大学奨学金50万円があり、いずれも返還義務なし。また慶應義塾大では、奨学融資制度という利子給付奨学金付き学費ローンを採用しており、これは1997年より実施され、家族の所得や保証に関係なく、慶應義塾が保証することで、原則として希望すれば誰でも金融機関から直接融資が受けられるというもの。

借り入れに伴う利子等の全額または一部を一定期間内、大学側が奨学金として給付する形なので、家庭の事情で進学を断念せざるを得なかった学生側からすれば、非常にありがたい制度だろう。

次のページは授業料免除・各種割引についての特集だ