「ぶら下げインデント」と「左インデント」の違い

最後に、先に説明した「ぶら下げインデント」と「左インデント」の2つの違いについて、少し補足しておきます。

「ぶら下げインデント」は、1行目にはまったく影響を与えることなく、2行目以降の位置を変えます。これに対し、「左インデント」は、1行目と2行目の位置関係を保ったまま左側の位置を変えます。以下に、両者のちがいがわかる例を示しておきます。

1.1行目が字下げされた状態です。この状態で段落中にカーソルを置き、[ぶら下げインデント]ボタンにマウスポインタを合わせます。
1行目が字下げされた状態です。この状態で段落中にカーソルを置き、[ぶら下げインデント]ボタンにマウスポインタを合わせます
1行目が字下げされた状態です。この状態で段落中にカーソルを置き、[ぶら下げインデント]ボタンにマウスポインタを合わせます


2.右方向にドラッグします。
右方向にドラッグします
右方向にドラッグします


3.ボタンを離すと、2行目以降が字下げされます。1行目は変化しません。
ボタンを離すと、2行目以降が字下げされます。1行目は変化しません
ボタンを離すと、2行目以降が字下げされます。1行目は変化しません


では、同じ段落に対して左インデントを設定するとどうなるかを確認してみましょう。

1.1行目が字下げされた状態です。この状態で段落中にカーソルを置き、[左インデント]ボタンにマウスポインタを合わせます。
1行目が字下げされた状態です。この状態で段落中にカーソルを置き、[左インデント]ボタンにマウスポインタを合わせます
1行目が字下げされた状態です。この状態で段落中にカーソルを置き、[左インデント]ボタンにマウスポインタを合わせます


2.右方向にドラッグします。ドラッグ中は、左側にあるインデントマーカー全体が移動していることが分かります。
右方向にドラッグします。ドラッグ中は、左側にあるインデントマーカー全体が移動していることが分かります
右方向にドラッグします。ドラッグ中は、左側にあるインデントマーカー全体が移動していることが分かります


3.ボタンを離すと、1行と2行目以降の位置関係が保たれたまま、全体が字下げされます。
ボタンを離すと、1行と2行目以降の位置関係が保たれたまま、全体が字下げされます
ボタンを離すと、1行と2行目以降の位置関係が保たれたまま、全体が字下げされます




※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。