Word 2007のある小学校や親子のコミュニケーションにおすすめ

子供向けのソフトは、1つのジャンルになっているほどさまざまな種類があります。機能だけ見れば、「Microsoft Office きっず 2007」よりすぐれたソフトはあると思いますが、「Microsoft Office きっず 2007」の魅力はなんといっても無償で利用できることです。

自宅や学校にOffice 2007の動いているパソコンがあり、子供にパソコンを触らせたいと思っているなら、試して損はないでしょう。自宅のパソコンにインストールすれば、親子のコミュニケーションのきっかけにもなると思います。

アドインプログラムなので、通常のWordのメニューと混在していたり、ビジネス用の機能がそのまま利用できたりするなど限界はありますが、それを承知で利用すれば、十分活用できるでしょう。

ちなみに、私のパソコンにはWord 2010のベータ版が入っていますが、Word 2010でも特に問題なく動作しました。Word 2010では、リボンを自由にカスタマイズできるので、[きっず]タブ以外を隠してしまうこともできます。Word 2010との相性も問題なさそうです。

「Microsoft Office きっず 2007」はWord 2010のベータ版でも動作しました

「Microsoft Office きっず 2007」はWord 2010のベータ版でも動作しました


Word 2010のベータ版では、リボンをカスタマイズできるので、[きっず]タブ以外のタブを非表示にしてみました

Word 2010のベータ版では、リボンをカスタマイズできるので、[きっず]タブ以外のタブを非表示にしてみました




※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。