モノクロ印刷はプリンタ側で設定する

カラフルな表やグラフ、画像やイラストを貼り込んだ文書を、モノクロで印刷したいことは多いでしょう。黒のインクに比べるとカラーインクは高価ですから、大量の資料として配付する場合などは、モノクロ印刷するケースが多いはずです。

ただし、Wordにはモノクロ印刷の機能はありません。モノクロ印刷するためには、プリンタ側で設定する必要があります。文書を印刷するとき、Wordは文書データを「プリンタドライバ」と呼ばれるプリンタ制御用のプログラムに渡しますが、カラーで印刷するかモノクロで印刷するかは、このプリンタドライバの管轄なのです。

プリンタドライバは、プリンタメーカーが開発します。そして、Windowsにプリンタをセットアップするとき、プリンタドライバも自動的にインストールされます(プリンタに付属しているCD-ROMなどから手動でインストールすることもあります)。このため、プリンタごとに設定できる項目は異なります。ただし、プリンタごとにまったく異なるわけではありません。キヤノンやエプソンなど、メーカーが同じであれば、ほぼ似たような項目が用意されていると考えてよいでしょう。

ここでは、Windowsにプリンタが正しくセットアップされているものとして、Word 2003(Windows XP)とWord 2007(Windows Vista)でモノクロ印刷する手順を紹介します。なお、途中でプリンタの「プロパティ」のダイアログボックスを開きますが、ここに用意されている項目が、プリンタによって異なることに注意してください。

モノクロで印刷する(Word 2003)