Word 2007の機能・使い勝手をレポートします。Vistaの画面を使っていますが、Windows XP上で動作させた場合も機能に大きな違いはありません。
Word 2007の機能・使い勝手をレポートします。Vistaの画面を使っていますが、Windows XP上で動作させた場合も機能に大きな違いはありません。
いよいよ2007年1月30日、一般ユーザー向けにWindows VistaとOffice 2007が同時に発売されます。11月からは企業向けにすでにリリースが開始されました。それにともなって、私も自分のコンピュータにWindows VistaとOffice 2007を正式にインストールし、活用を始めています。

そこで、今回から数回にわたって、実際に利用しているあいだに見えてきたWord 2007の姿を、私なりに紹介したいと思います。「できるだけ分かりやすく」と思い、各機能を次のような基準で評価してみました。

◎……誰にでもおすすめできるすばらしい機能
○……従来より確実に使いやすくなった便利な機能
△……もう一工夫ほしい機能もしくは評価が分かれそうな機能
×……あまり進化していない、もしくは使いづらい機能

もちろん、これは私の個人的な評価です。もしかしたら、まだ使いこなしが不十分で勘違いしている点があるかもしれない点は、ご了承ください。2007年1月30日以降、店頭に並ぶWindows Vista マシンでWord 2007に触れるとき、少しでも参考になれば幸いです。

 最初のとまどいを超えたら快適 リボン

初めて見たときは「あれ、メニューがない!」とびっくりしたリボンですが、使い続けているうちに違和感は徐々に減り、今はごく普通に使えています。では、以前のドロップダウンメニューよりも作業効率が上がったか、と問われるとちょっとビミョーな感じ。

仕事柄、細かいマイナーな機能を使うことも多いので、すべてリボンで対応できないせいかもしれません。今でも、ときどき「あの設定はどこにあるんだろう」と調べることがあります。なので、評価は△。ただし、主にWordの基本機能を使うだけなら、リボンのメリットは確実に体感できると思います。とにかく、リボンは実際にさわってみるのが何より大切。

なお、Word 2007にはドロップダウン形式のメニューは用意されていません。つまり、Word 2007に移行したら必然的にリボンを利用しなければならないということです。マイクロソフトの自信の表れともとれますが、こればかりは、答えを出すのはあなた自身です。

リボンの正否を決めるのはあなた自身です。ぜひ、実際に操作してみてください。
リボンの正否を決めるのはあなた自身です。ぜひ、実際に操作してみてください。


Word 2003との対応を調べたいとき便利なツール