今回はWordのウィンドウと画面について紹介します。Windowsユーザーにはおなじみの内容ですが、念のためお目通しを。Wordは初めてという方は、ぜひじっくり読んでみてください。

ウィンドウのサイズ変更と移動

まずは、Wordのウィンドウの使い方から紹介します。すでにご存じの方も多いと思いますが、ざっと確認してみてください。

ウィンドウ右上のボタン
Wordウィンドウ右上のボタン。ウィンドウの状態で真ん中のボタンは変化します。
Wordのウィンドウ右上を見ると、次のようなボタンが並んでいるのがわかると思います(真ん中のボタンは、ウィンドウの状態によって異なります)。


各ボタンの機能は次のとおりです。

閉じるボタン Wordを終了します。
最大化ボタン Wordのウィンドウサイズを切り替えます。クリックすると、画面全体にウィンドウが広がります。画面全体に表示する方法を「フルスクリーン表示」と呼びます。
元に戻すボタン ウィンドウのサイズを切り替えます。クリックすると、画面全体に切り替わる前のウィンドウの表示に戻ります。
最小化ボタン クリックするとWordのウィンドウが消えて、タスクバーに格納されます。「シュルシュルッ」という感じで、ウィンドウがボタンのところに小さく格納されるのがわかると思います。もとに戻すには、タスクバーのボタンをクリックします。



フルスクリーン表示
画面いっぱいに表示されている状態(フルスクリーン表示)です。



ウィンドウ表示
ウィンドウで表示されている状態(ウィンドウ表示)です。



タスクバーの格納された状態
タスクバーのボタンに格納された状態です。


なお、ウィンドウ表示のときは、ウィンドウのいちばん上のタイトルバーをドラッグすればウィンドウ全体を移動できます。また、タイトルバーをダブルクリックすると、フルスクリーン表示とウィンドウ表示を交互に切り替えることができます。

>次はメニューバーとツールバーです。