白色申告をしている場合

青色申告では、所定の条件をクリアすれば家族へ支払った給与の全額を必要経費にできますが、白色申告の場合は、次の2つの金額のどちらか低い方の金額が、白色事業の専従者控除となり必要経費として認められます。

1.配偶者:86万円、それ以外:50万円
2.事業所得金額÷(専従者の数+1 )

■白色事業専従者として認められる要件
・事業主と同居の家族・親族で、生計を一つにしていること
・その年の12月31日現在で、年齢が15歳以上であること
・事業に年間6ヶ月以上従事していること
・確定申告する人の配偶者控除・扶養控除の対象になっていないこと
・確定申告書にこの控除を受ける旨、その金額など必要な事項を記載すること

家族が青色・白色事業専従者になると、扶養家族から外れます。すると、所得控除の扶養控除がなくなります。また配偶者の場合は、配偶者控除配偶者特別控除が受けられなくなります。給与の金額より所得控除の金額の方が上回る場合は、節税効果からすると逆効果になります。そのため、税金との兼ね合いから比較検討が必要です。

「初めての青色申告ガイド」が本になりました!

図解 フリーランスのための超簡単!初めての青色申告
フリーランス仕様の青色申告ソフト付(Win)です!節税の第1歩は青色申告から! しかし、複式簿記での帳簿作成は、経理ビギナーにとってかなりの難関です。 でも、仕入・在庫がないフリーランスの経理は、実はとってもシンプルです。

そこで、経理が苦手な方でも、3日で複式簿記を攻略して、青色申告特別控除65万円を獲得できる「フリーランスのための青色申告ソフト」を開発! 「図解 フリーランスのための超簡単!初めての青色申告」の読者特典として、リリースしました(※ダウンロードサイト)。2006年に出版後、多くの皆さんにご支持いただき、お陰さまで【改定版】が発売となりました。この1冊で、青色申告が確実にクリアできます。是非ご活用ください! ⇒詳しくはコチラ


■関連記事・リンク集
節税対策:青色事業専従者給与の支払い方
給与支払事務所の届出と源泉徴収の基礎知識
開業前の準備費用は、必要経費?
これで完璧!「勘定科目一覧表」
初めての 青色申告・確定申告

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。