仕事を生み出す「見積り」の立て方とは?

田口さんが、自らの現場での試行錯誤からあみ出した、仕事を取る、仕事を生み出すための見積りの立て方は、こうです。

■見積書の作成手順
1.クライアントの要望を聞きながら、以下のことを列挙する
 ・要望を達成するために何をすべきか考える
 ・それに対して、自分の得意な事/苦手な事のランク付けを行った上で、何ができるか考える
 ・提案した内容が、どの位で(費用・期間・クオリティ)できるか考える
2.徹底して費用対効果を考え、2つのランクの見積案を作成する
 ※2案は、金額の安い高いではなく、提案項目と期待できる効果の期待値によります。
 ※予算は、事前に必ず聞き出しておく。(聞き出すテクニックも伝授!)

ココはポイント!クライアントは、商品・サービスを売るために、どうしたいのか。そのためにどの程度の予算を考えているかを聞き、徹底的に、相手の立場、相手の目線で、費用対効果を考えること。制作費の相場観は、実は、クライアントが持つ金銭感覚であって、安くしたから、受注できる訳ではないこと。そこを、理解しておいて欲しい。

Webプロデューサー田口真行さん
試行錯誤からあみ出した、田口さんの「見積書作成ノウハウ」は、目からウロコです!
この時、自分ならこんなサイトにします、これができます、得意です。と自分の目線でプレゼンしてしまうと、クライアントの担当者は、自身がかかえている課題への解決策の提案ではなく、一方的な売込みと受け取り、聞く耳を持たなくなります。ここは、要注意!

田口さんは、この作業(提案企画&見積書の作成)を、打合せの場で相手との会話のやり取りの中で、ヒタスラ頭を働かしてアイデアや企画を膨らまして、帰りの電車の中でイメージを固めて、早い時は事務所に帰ってからすぐに、メールや電話でプレゼンをしているそうです。

短時間で、いかにアウトプットできるかが勝負!

そのスピード感には、感服です。見積作業は、たとえ概算にしても、制作の内容を決定して、初めて算出できるものです。ワークショップでは、課題が出され、同じように短時間に2パターンの見積りを、全員が作りました。

なかなか難しいこの作業、可能にするためには、前もって次のワークが必要となるのでした。

事業者として、自分のルールを決めよう!

次の4つを決めておくことが重要。(皆さんは、いかがでしょうか。聞かれて、即答できるかどうか?)

1.自分の商品(できること、得意なこと)
2.単価
3.納期(どの位の時間でできるか)
4.ワークフロー(いかに利益を上げていくか、その手順)


ココはポイント!自分の商品(制作業務)の単価を算出するためには、1日稼動した時の自分の時間単価を、いくらに設定するか。いくらなら、自分が納得して仕事ができるか。これは、自分自身の値段、つまり自分の原価を出すことになります。

当然、原価割れの仕事は、赤字になります。個人事業者としては、ここは、しっかりと押さえておかなければなりません。

さて、メインテーマとなる、どうやって仕事を増やしていくか! 次ページへ続きます>>

Page3:仕事を増やすには、「依頼型」から「提案型」へ変える