マイナス思考からプラス思考へ転換するには

さて、エネルギーが充電できたら、うまく頑張る方法を会得したいものです。それには、これまでの悪い流れや自分のパターンを変えることが必要となります。

「現在は、過去の結果です。これまでのやり方を変えれば、先に得られる成果は変わってきます。」というのは、成功哲学を勉強していたある先輩から、私自身がもらったアドバイスです。自営駆け出しの頃、次々難題にぶつかり、頭をかかえていた時のことでした。

■うまく行かない時の心の状態
・自信を失くし、弱気になっている。
・自分への評価や人の目が気になる。
・物事を悪い方向へばかり考える。

つまり、マイナス思考に陥っています。また、普段から、物事をマイナス思考でとらえがちな方は、次のことを実践してみてください。自分と向かいあう時間を作ることが重要です。

■プラス思考へ切り替える方法
・現在、頭の中にあるマイナス思考を全て紙に書き出す。
・マイナス要素の言葉を、プラス思考に置き換えていく。
例)失敗するんじゃないか。→失敗に終わったら、そこから学んで次へ役立てればいい。
・これを、繰り返していく。

マイナス思考に陥りがちな時の傾向としては、目の前の仕事や問題が非常に大きくなり過ぎ、しかもその中に自分をすっぽり置いてしまっているので、必要以上なプレッシャーを自ら背負っているような場合があります。

ことの全体像がとらえられ、自分を客観視できて、冷静に対処できれば、心にゆとりが生まれて自ずと解決策は出てくるものです。切り替えトレーニングは、自分を客観的にとらえて、冷静な判断力を取り戻す(又は得る)ために役立つものです。

自分の思考が未来を創りだす

プラス思考
プラス思考になると、人間関係も良くなります。
プラス思考への切り替えができるようになると、自分を取り巻く状況は、必ず好転していきます。周りの評価も変わるはずです。ポイントは、切り替えの早さです。(これは、フリーランスに向くタイプの条件の1つでもあります。)過去の失敗にとらわれず、自分の可能性へ最短でアクセスしていくには、自分が理想とする姿を具体的にイメージして、そこへ近づいて行くことが必要です。それには、イメージトレーニングが役立ちます。


■簡単イメージトレーニング
・自分の理想像に近い人の写真を、目につくところに貼る。
・ああなりたいと思う人の行動や所作を、とにかく真似てみる。
・理想風に見た目(ファッション、髪型)を変えてみる。

これは、形から変えることでアプローチする「行動修正法」と言われるものです。人は自信を持つことで、大きく変わります。「行動修正法」は、自信を持ちたければ、自信があるように振舞え、ということです。

「自信」は、「自分を信ずる」と書きますから、他人に評価され、信頼される前に、自分が自分の力を信じていなければなりません。できると思うか、できないかも知れないと弱気になるか、その思考の差が、自分自身も自分の未来も、大きく左右します。

過去の失敗や自分の思い込み、意味のない不安から、自分自身を自由にして、なりたい自分、理想の自分の姿を描きましょう。すると、自然に前向きな気持ちが生まれてきます。


■関連記事・リンク集
1に健康、2にタフな精神力!
スポーツ選手に学ぶ成長の秘訣
マイナス思考にはパターンがある
「メンタルタフネス」を鍛えよう

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。