4万円以内で鍛える「メンタルタフネス」

「メンタルタフネス」を鍛えよう
「メンタルタフネス」でストレスを乗り切らなければ大変なことに・・・
「ロジカルシンキング」「コーチング」「マネジメントスキル」「ファシリテーションスキル」等など・・・
好評「ビジネス誌でお馴染みのスキルをお小遣い価格(4万円以内)で学ぶための情報」、シリーズ第3弾は、ストレスいっぱいのビジネス社会を乗り切るためには欠かせない、「メンタルタフネス」に注目します!
(お小遣い=4万円ってなぜ?答えはこちらをご覧ください!)


ところで「メンタルタフネス」って?

2004年8月に財団法人社会経済生産性本部が発表した「産業人メンタルヘルス白書」では、実に6割の企業で、心の病にかかるビジネスパーソンが増加していることがわかりました。また、7月に発表された厚生労働省報告では、会社勤めで強いストレスを感じるビジネスパーソンの割合も6割超。特に30歳~40歳代のビジネスパーソンを中心に、この傾向が高まっていることが指摘されています。

ここでのキーワードは「ストレス」。

本来ストレスとは、「刺激に対する反応」のこと。つまり、外気温が変わればそれに反応し、心理的なショックを受ければそれに反応する、というように、様々な環境の変化に適応していく時の反応とプロセスのことで、私たちは生きていく限り、必ず何らかのストレスを受けています。
ストレスと言うと、とかく「悪いもの」というイメージを抱きがちですが、適度なストレスは、時として人生を充実させてもくれます。例えば、目標、夢、良い人間関係などは自分を奮い立たせてくれたり、勇気づけてくれたり、元気にしてくれたりするバネとなりますが、こうした刺激や「良い状態」もストレスの一種。言わば「良いストレス」と言えるのです。
しかし、これも程度問題。言うまでもなく、過剰なストレスは生産性を落としたり、目標達成の妨げになるばかりか、ビジネスパーソンの心身を蝕む「悪者」とも成り得ます。その結果が「過労死」という最悪の事態・・・・
(※そんな「最悪の事態」を回避するため、厚生労働省の外郭団体により開発されたのが「職業性ストレス簡易評価」。最近、「ストレスがたまってるなあ~」という方は、まずはこちらもお試しあれ。)

そこで必須となるのがストレスとうまくつきあい、ストレスが生じるような状況にあっても、常に自分を「良い状態」にしておくためのシステム、技術である「メンタルタフネス」。(ストレスやプレッシャーに耐える方法ということで、「ストレス耐性」「プレッシャー耐性」という言い方をすることもあります)
「メンタルタフネス」と聞くと、「気が強い、弱い」といった「生まれつきの性格の違い」と取ってしまい、「気弱な自分には向かないかも・・・・」と尻込みする人もいるかもしれません。あるいは、精神論や根性論だと受け取ってしまうと、「どうして『仕事に活かせる資格』で取り上げるの?」と疑問に思うはず。
でも、実は「メンタルタフネス」は、トレーニング次第で誰でも身につけることができる「技術・スキル」
外交的でも内向的でも、無口でもお喋りでも、どんな性格であっても関係なく鍛えることができるのものであり、『仕事に活かせる資格』のテーマである、「ビジネスパーソンが仕事に活用できる資格やスキル」の1つというわけです。

ストレス社会で自分を守り、成功するためには絶対不可欠のスキル「メンタルタフネス」。そんな「メンタルタフネス」をできるだけ手軽に、しかも効果的に鍛えるためにはどうすれば良いのでしょうか?

>>これなら、懐具合を気にせずにトライできそう?!いよいよ次ページで、「お小遣いで鍛えるメンタルタフネス」情報を「料金別」でご紹介します!