女性の仕事と育児の両立を支えるために起業

浅野社長
株式会社キャリーナ 浅野純子社長
インタビュー第1回目の今回は、「サラリーマン経験5年以内に独立」を考えている人のために、3年半のサラリーマン生活の後、独立を果たした株式会社キャリーナの浅野純子社長にお話を伺いました。

ガイド:事業内容について聞かせてください。

浅野社長:仕事と子育ての両立を目指す女性のためのコミュニティサイト「キャリーナハーツ」の企画・運営をしています。

ガイド:起業して何年になりますか?

浅野社長:起業して1年2ヶ月、サイトを立ち上げて1年になります。

ガイド:起業されたのは就職何年目ですか?

浅野社長:3年半でした。

ガイド:起業を思い立った理由を教えてください。

浅野社長:結婚を機会に転職を考えていました。その時探していたのは、将来的に出産しても子育てをしながら働ける企業。しかし、断片的にこの企業は女性に優しいなどという情報はあっても、まとまった情報を見つけることができませんでした。また、面接でその類の質問をすると落とされてしまうという現実にも非常に違和感を覚えました。

そこで、女性に優しい企業のデータベースを作るために起業して、仕事と子育ての両立を目指す女性のためにこのサイトを立ち上げました。

自分自身がそのような情報を欲しかったというのもあります。でも、それ以上に女性の仕事と子育ての両立支援に無関心な企業を直接変えられなくても、積極的に応援している企業のことをもっと社会に発信することで、私も少しは社会に影響力を及ぼせるのではないかと思ったのです。

ガイド:起業するまでに苦労した点があったら教えてください。

浅野社長:思い立って、次の瞬間にはもう立ち上げていましたので、特に苦労した点はないです。

次のページでは浅野社長の起業後の本音について伺います。