夢のコンサルタントで起業する――それはあなたが考えているほど難しいことではないかもしれません。
「週末起業を始めたい。でもこれといったネタがない…」そうお嘆きのあなた、コンサルタントになることを検討してみませんか?


もちろんここで言うコンサルタントは「経営コンサルタント」に限定しません。分野は、何でもいいのです。ぜひ、あなたの好きなこと、できることに関連する分野でコンサルタントになることをお考えください。コンサルタントとは、一言で言えば“困っている人(企業)の相談にのり、それを解決するお手
伝いをするのが仕事です。

なにも経営の分野に限定する必要はありませんし、企業に限定する必要もありません。自分の得意なこと、好きなことで誰かを助けることができれば、その分野のコンサルタントと言えます。

たとえば、経営コンサルタントは、経営者の経営に関する悩み全般の相談にのり、解決のお手伝いをします。しかし企業が抱える問題は、他にもいろいろあります。だから他にもいろいろなコンサルタントが活躍できます。

すでに実在するところでは、人事専門の人事コンサルタント、ITの導入で経営革新を手伝うITコンサルタント、営業マン育成などを行う営業コンサルタントなどです。他にもあなたが好きな分野、得意な分野で企業の役に立てればコンサルタント業が始められます。

もちろん問題を抱えているのは、会社だけではなく個人も同じです。最近はやりのフィナンシャルプランナーは家計管理に関するコンサルタントですし、変わったところでは結婚コンサルタント、離婚コンサルタント、子育てコンサルタントなんて職業もあります。

「週末起業では、好きな分野、得意の分野で始めよう!」と呼びかけています。それを手っ取り早く実現するのが、じつは「コンサルタント」を名乗ることなのです。

何せどんな分野にも問題が発生する余地があります。だからこそ、それを解決できる助っ人、すなわちコンサルタントも必ず必要とされるのです。

コンサルタントをお勧めする理由


なぜ私はこれほどまでにコンサルト業をお勧めするのでしょうか?それはいろいろなメリットがあるからです。そのメリットを順番に挙げてみましょう。

・元手がいらない
コンサルタントは、身一つで始められる仕事です。お客さんが求めているのは、あなたの経験であり、知識であり、そこからつむぎ出されるアドバイスです。綺麗な事務所や、きらびやかなパンフレットはほとんど(無関係とは言いませんが)関係ありません。

はじめるにあたってあなたがすべき投資は、名刺の作成くらいのものです。低リスクで始めることを旨とする週末起業家にとって、これは極めて重要なポイントです。 

・在庫不要
コンサルティング業は、ものを売るわけではありません。だから在庫がたまりません。これは事務所が自宅である場合がほとんどの週末起業家には、極めて重要なポイントです。物を販売したことがある人なら分かると思いますが、この在庫管理は本当に大変です。たまってくると保管場所に困ります。週末起業家に対する奥さまのクレームナンバーワンでしょう。

・資格がいらない
コンサルタントを名乗るのに資格はいりません。実は「経営コンサルタント」だって資格無しに名乗ることができます。MBAや中小企業診断士など、コンサルタントを目指す人が取りがちな資格はありますが、そんなものの有無は全く関係ありません。

・ 即オンリーワン
「週末起業家は、オンリーワンを目指そう!」これも耳にタコができるくらい言ってきました。週末起業は、資本がほとんどないマイクロビジネスですから“ナンバーワン”を目指すと大資本ビジネスに負けてしまうのです。だから“オンリーワン”を目指すのです。

次のページへどうぞ