XBRLとは

XBRLという言葉をご存知ですか。2008年はXBRLという言葉がトレンドになりそうです。
【ガイド記事 目次】
XBRLとは Page1
XBRLは財務情報を標準化したもの Page1
データを使いまわす Page2
XBRLの例 Page2
XBRLで財務データ比較がラクラク Page2
法人税申告のe-TaxはXBRLを活用 Page3
融資申込みにXBRLを送る Page3


初めての取引先とつきあう時、きちんと代金は払ってもらえそうか、業績が悪く途中で倒産したりしないかなど心配になります。そこで東京商工リサーチや帝国データバンクの信用情報にアクセスし、財務状況を確認します。
取引先が倒産に
取引先が倒産に

ただし情報は各社マチマチで、エクセルで自社なりの分析をしようと思うと、一から入力していかなければなりません。それを解消してくれるのがXBRLです。

XBRLは大企業を中心に動き初めていますが、やがて中小企業にもおよんできそうです。日本では金融庁がXBRLを本格導入し、身近なところでは国税庁の電子申告・納税システム(e-Tax)で使われています。アメリカのSEC(証券取引委員会)など世界中がこのXBRLに向けて動き出しています。

今年から本格普及しそうなので、2008年はXBRL元年と言われています。

XBRLは財務情報を標準化したもの

XBRLのXは「XML」をあらわします。XMLと言えば従来、伝票やFAXでやりとりしていた発注情報を電子的にやりとりするEDI(電子データ交換)などで使われている技術です。

XMLはOS、ソフトウェア、ベンダーに依存しませんし、最大のポイントはHTMLやPDFなどと違って二次加工できる点にあります。
→ 中小企業が使えるEDI 共通XML/EDI

XMLは私たちが気がつかない間に使っています。新しいブログの記事があれば知らせてもらえるようRSSリーダーへブログを登録しますが、この登録時にXMLが使われています。
→ Web2.0な日々 RSSマガジンの時代へ

XBRLの後半の「BRL」は「Business Reporting Language」をあらわします。「Business Reporting」とは企業が出す事業報告書のことで、XBRLとは簡単に言うとB/SやP/Lなどの財務情報を共通フォーマットで標準化してしまおうということです。

ではなぜ財務情報の標準化が必要なのでしょうか。それは情報をやりとりするコストを下げられるからです。