公開鍵サーバから公開鍵を探す

「登録されたのなら公開鍵サーバで探すこともできるのですか?」

「もちろんできます。【PGPkeys】でメニューバーの【サーバ】から【検索】を選んでみてください。検索場所は先ほどの【pgp.nic.ad.jp】の公開サーバにして名前をローマ字で入れてみてください。」
公開鍵サーバに公開鍵を登録する
公開鍵サーバに公開鍵を登録する

「なるほど。出てきましたね。これで公開鍵を世界中のどこからも探すことができるのですね。」

「ただし問題点もあります。公開鍵サーバですが登録されている公開鍵が本当に正しい公開鍵なのかを保証していません。」

「実際になりすまして登録することも可能です。公開鍵サーバは公開鍵をプールしているだけと思ってください。」

「問題点もあるんですね。不特定多数ではなく営業所・本店間のようなクローズドな環境で公開鍵の交換はできませんか?」

「それなら公開鍵をエクスポートして送る方法があります。」

公開鍵をエクスポートして送る

「自分の公開鍵をエクスポートしてフロッピーにいれて相手に渡したり、電子メールで送ったりできます。」

「エクスポートって何ですか?」

「ふだんよく使っているソフトには大概、【エクスポート】と【インポート】という機能がついています。直訳すれば輸出、輸入なんですがエクスポートというのは他のソフトへファイルを渡す時に使います。アウトルック・エクスプレスではアドレス帳やメッセージのエクスポートができます。」

「そうするとデータのバックアップにも便利な機能ですね。」
公開鍵のエクスポート
公開鍵のエクスポート

「では公開鍵をエクスポートしてみましょう。PGPkeysでエクスポートする電子メールアドレスを選んで、メニューバーから【鍵】を選び、次に【エクスポート】を選びます。」

「次に保存する場所を指定し、ファイル名には誰の公開鍵か分かるような名前をつけて保存します。」

「それだけでいいのですか?」

「ええ、エクスポートを選んで保存してしまえば終わりです。では、今保存した公開鍵をメモ帳で見てましょう。」

公開鍵をメモ帳で見る
公開鍵をメモ帳で見る

「なんですか、これは!なにがなんだかわかりませんね。」

「これが公開鍵です。この公開鍵ファイルを暗号化メールを送りたい相手に事前にフロッピーやメールで送ります。」

「本社-営業所間のようなクローズドな環境で行うのであれば公開鍵サーバに登録せずに、公開鍵をエクスポートして送る方がよいでしょう。」

「中には自分のホームページで公開鍵を公開されている方がいます。ためしに右の鍵の画像をクリックしてみてください。」
クリックしてみてください
クリックしてみてください


「さっきの公開鍵の本体が出てきましたね。これは面白い。」

「では、いよいよメールの暗号化をしましょう。」