スーパーやアパレルなどのサービス業志望は店舗見学必須!

店舗訪問
一人で行ってもいいけど、友人と行くのも楽しいよ。
OB・OG訪問は就職活動の中で、最も有効なアクションの一つである。なぜならば、
  1. 求める力や仕事内容をリアルに理解できる。
  2. 選考手段など具体的なノウハウが聞ける。
この喉から手が出るほど欲しい情報をゲットできるからだ。また、リクルーター採用の窓口になる可能性もある。君がもし志望する企業に、同じ大学出身のOB・OGがいるなら、絶対アプローチしなければならない。自力で何とかしようと思うのも立派だが、より確実に答えに近づく努力をしない学生は、仕事に対しても同じく「詰めが甘い」と思われるよ。

しかしである。大学によっては、OB・OGが一人もいないこともあるだろう。また、大学の就職課がOB・OGの勤務先を把握していないこともある。その場合は諦めざるを得ないのか。そうじゃない。以下の方法がある。
  1. 家族や友人知人全ての人脈を駆使して探す。
  2. アルバイトやインターンシップで飛び込む。
  3. サークル活動やゼミ活動として、取材する。
  4. 店舗見学する。
このうち、1~3は結構時間がかかる。今からでも何とかなるかもしれないので、手は打っておくべきだが、4つの目の「店舗見学」なら、今すぐ出来る。もちろん、サービス業、すなわち百貨店・ストア・専門店、不動産、航空や鉄道・バス、ホテル、旅行、レジャー・アミューズメント、スポーツ・ヘルス関連施設、冠婚葬祭、レストラン・フード、そして公務員や大学職員、などの店舗や窓口があり、顧客との接点がある仕事にのみ可能な方法である。今回は、この「店舗見学」を深く掘り下げてみたい。

店舗見学の目的は二つ。
  1. 求める力や仕事内容をリアルに理解する。
  2. 自己PRや志望動機に織り交ぜることで、熱意&行動力を伝える。
この目的を念頭に、さあ、チャレンジしよう!

※次のページで、店舗見学のポイント8つを学ぼう!