千円単位は、ビジネス独特の数字の書き方

ビジネス資料の千円単位はどう読む?

ビジネス資料の千円単位はどう読む?

会社の決算書や社内レポートの数字などを見ると、表の右上あたりに数字の単位が書いてあることがあります。たとえば、「単位:千円」と書いてあれば、「表の数字は後ろに0を3つくっつけて読んでください」ということです。

レポートの数字が1,000と書いてあれば3,000千円、つまり300万円ということになります。間違っても「さんぜんせんえん」と読んではいけませんよ。大きな会社の決算書になると、「単位:百万円」のようなときもあります。これは、書いてある数字の後ろに0を6つくっつけて読むことになります。

日常だと、「○○万円」「○○億円(億円になると日常とは言えないかもしれませんが。)」

のように、万・億・兆・・・の単位で数えることが普通だと思います。この場合は、0が4つごとなので、ビジネスの場で3桁区切りになるとちょっと混乱してしまうかもしれません。特に新卒の方などは最初のうちは慣れないかもしれませんね。

3桁区切りがグローバルスタンダード

なぜビジネスの世界では3桁区切りとなっているのでしょうか?これは、英語の桁区切りが3桁であることに合わせているためです。英語では、数字はThousand(1,000)、Million(1,000,000)、Billion(1,000,000,000)のように、3桁区切りとなっています。決算書は世界の投資家にとっても重要な情報ですし、外国の人と英語で打ち合わせをする際も共通フォーマットである3桁区切りのほうが話がしやすいでしょう。そのため、日頃のお金の単位とずれてしまっても、英語に合わせて3桁区切りでの記載を行っているのです。

ちなみに、戦前は今ほどにはビジネスもグローバルではなく、桁区切りも日本の数字の単位に合わせて4桁での表記が行われていたようです。10,000円ではなく1,0000円といった具合です。

資料作成のときは気を付けよう

社内資料を作成するときに数字を入力する場合には、3つのことに気を付けましょう。

一つは、単位をしっかり確認すること。単位が「千円」なのに、1,000,000円を100千円と書いてしまったら、そのズレは実に10倍。大変なことになってしまいます。

もう一つは、半角と全角は統一すること。ビジネスの場では、数字は半角が好まれます。少なくとも、半角と全角が混ざっているような資料は見栄えもよくないのでどちらかに統一しましょう。

最後は、カンマを必ず入れること。カンマを入れないと、読み手が瞬間的に数字を把握できないので、3桁ごとのカンマは必須です。私も新入社員のときに、カンマを入れるよう上司に注意されたことがありました。今になれば確かにカンマがない数字は非常に読みにくいので、上司の気持ちも分かります。

PowerPointやWordであれば、数字を変換すれば3桁区切りの候補がでてきます。Excelの場合は、図のように、ホームタブの「,(カンマ)」のマークを押せば自動的に3桁区切りになります。

Excelの場合は、図のように、ホームタブの「,(カンマ)」のマークを押せば自動的に3桁区切りに

Excelの場合は、図のように、ホームタブの「,(カンマ)」のマークを押せば自動的に3桁区切りに