会社宛ての年賀状の宛名書き

年賀状の季節です。年賀状の宛名書きを頼まれる事務担当者も多いはず。個人に出す時と違って、部署名や肩書きを書くことがほとんどで、限られたスペースにどういう風に書いていいか悩むことも多いです。書道のはな*みちの高宮暉峰先生に、会社あて年賀状の、宛名書きのコツを教えていただきました。

【目次】  

年賀状の宛名書きのワンポイント

年賀状,会社,宛名,ビジネス,会社宛,ビジネス年賀状,表書,ビジネスマナー,文例,ペン字,筆ペン

筆ペンで書くと一味違う

 
  • 郵便番号:少し右に傾けて書くと、スッキリ大人っぽくまとまります。
  • 住所:長くても2行に収まるように。郵便番号を書いた場合は都道府県は省いても可。マンション、ビル名などは2行目に。1行目の住所より1字下げて書くのが基本ですが、短い場合は下のほうに書くとバランス良し。また、番地などは漢数字を使うこと。
  • 会社名:住所とほぼ同じ大きさで書く。「株式会社」を「(株)」と略すのはNG。
  • 部署名:社名の下に1字下げて書いても可。改行する場合は、社名より1字下げます。部署名は、画数の多い場合が多いので、小さく書いた方がうるさくなりません。
 
年賀状,会社,宛名,ビジネス,会社宛,ビジネス年賀状,表書,ビジネスマナー,文例,ペン字,筆ペン

改行し、社名より1字下げて書くのも、名の下に一字下げて書くのもどちらでもOK。会社名、部署名の字数で決めましょう。

 
  • 宛名:ハガキの真ん中に大きく書くのが基本。名前より、敬称の「様」は一回り大きく書くとキレイに見えます。様を大きくすることで、行全体が安定し、バランスがよくなります。

ちなみに、「ヘン」を少し小さめに、「ツクリ」を大きく、最後の「ハライ」をダイナミックに流すと、とてもかっこよく見栄えがします!
 

会社宛の長い肩書きや長い部署名はどう書く?

会社名や部署名は長いものも多く、どこに書いていいかわからなくなることも。もう少し細かいアドバイスを伺ってみました。

平井:「課長」「社長」などの敬称がつく場合は、名前の上に書くものなのでしょうか?「課長」くらいなら書けそうですが、「グループ長」など、肩書きが長い場合はムリ……。部署名にくっつけても良いですか?

高宮:はい。敬称は、名前の上に書くのが基本です。3文字程度なら1行に、5文字以上なら、部署名の下に1文字下げて、小さく書きます。
 
年賀状,会社,宛名,ビジネス,会社宛,ビジネス年賀状,表書,ビジネスマナー,文例,ペン字,筆ペン

3文字までは1行、4文字は2行に分け、それ以上は部署名の下に。


ただし、「代表取締役社長」 の場合は、名前の上に2行に分けて書きます。「代表取締役」を1行目、「社長」を2行目に書き、「社長」は、1行目の「代表取締役」の天地に合わせましょう。
 

会社宛の「御中」の場合どう書く?

平井:人の名前でなく、会社や部署宛ての場合は「御中」と書きますが、この場合のコツはありますか?

高宮:1行でおさまる場合は、真ん中に大きく見やすく書くと良いと思います。社名と部署名が2行になる時は、社名の方を大きく、部署名と御中は社名より一回り小さいくらいのバランスが好ましいです。また、「様」や「御中」などの敬称は、ハガキの一番下の位置に書くと、全体が落ち着き、キレイに見えます。
 
年賀状,会社,宛名,ビジネス,会社宛,ビジネス年賀状,表書,ビジネスマナー,文例,ペン字,筆ペン

敬称が下に来るように書く


字も全て高宮先生に書いていただききました。ありがとうございました!

※見本の名前、会社名、住所は全て架空のものです。

いかがでしたか?年賀状だけでなく、普段社用封筒の宛名書きをする時も気をつけて書いてみるといいですよ。

【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。