ヘルパー2級では働けなくなる? 
ヘルパー2級講座はなくなる?

結論から言うと、当面はヘルパー2級でも働けます。2級講座がすぐに廃止になることもないと思います。
当面とはどれぐらいか、という質問も多いのですが、その答えはなかなか難しい。以前、厚生労働省の担当者に聞いたところ、少なくとも5年は、という回答がありました。しかし、5年という短い期間で働けなくなることはまず考えられません。

理由は以下の通りです。
……●理由1 基礎研修受講が一気に進むと思えない
……●理由2 「ヘルパー3級」は介護報酬廃止まで9年かかった
……●理由3 介護業界は慢性の人手不足

●理由1 基礎研修受講が一気に進むと思えない
現時点では、たとえばヘルパー2級修了より基礎研修修了のほうが介護報酬が高くなる、それによって給与も高くなる、といったような基礎研修受講を促すインセンティブはありません。そのため、いくつかの介護事業者に話を聞いたところ、現状ではなかなか雇用している現職者に受講をすすめにくい、という答えばかりでした。

まして、これから介護の仕事を始めようという無資格者が、130時間ですむヘルパー2級ではなく500時間もかかる基礎研修を、研修スタートと同時にどっと受講するとはあまり思えません。何しろ、500時間といえば、朝9時から夕方5時まで、1日7時間びっしり講習を受けても、70日以上、つまり3ヵ月はゆうにかかるというボリュームです。受講料も、8~10万円前後のヘルパー2級講座に対して、おそらく30万円程度はかかるでしょう。気軽に受講するには難しい金額です。

基礎研修を受ける人が増えていかなければ、ヘルパー2級を廃止するわけにはいかないでしょう。

●理由2 「ヘルパー3級」は介護報酬廃止まで9年かかった
基礎研修受講者が増えてきて、万一ヘルパー2級講座が打ちきりになるようなことがあったとしても、それですぐにヘルパー2級では働けなくなるようなことはないと思います。というのは、介護保険スタート時から、ヘルパー2級の下級資格である「ヘルパー3級」は介護保険上の介護職資格要件としては不十分といわれながら、ずっと介護報酬減算のまま、存続していたからです(冒頭に書いたとおり、2009年で3級の介護報酬は廃止になるとようやく決まりました)。

そう考えると、現時点で介護職の主流資格であるヘルパー2級を、そう簡単に廃止することはあまり考えられません。

ただ、ヘルパー3級が減算になったのと同じように、ヘルパー2級のサービス提供が、いずれ介護報酬が減算になる可能性はあります。これについては、次回以降「ヘルパー2級では介護福祉士とは給与に差がつく?」という見出しで取り上げる予定なので、それを見てください。

●理由3 介護業界は慢性の人手不足
2006年4月の介護保険制度改正を見ても、施設から在宅へという政策的な流れは加速しています。そのため、介護保険が始まった2000年度には17万人でスタートし、2004年度にようやく35万人に達したホームヘルパーの数を、厚生労働省は2010年度には58万人にまで増やそうとしています。これから20万人以上増やそうというのに、ヘルパー2級を廃止したら、とてもその数を達成できません。

そんなわけで、基礎研修が始まったらすぐさまヘルパー2級では働けなくなる! などと焦る必要はないと思います。

次回以降の疑問への回答記事もぜひ読んでくださいね。
記事をアップしたら、メールマガジンでお知らせします。
>>メールマガジン購読の登録はこちらから

     さらに疑問、質問がある方はこちらから書き込みを!

※「介護・福祉業界で働く」のサイトでは、他にも介護・福祉に関するさまざまな情報を提供しています。
トップページから、さらに情報をゲット!


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。