中小企業大学校に通う

中小企業診断士における2次試験は合格率が非常に低いということに触れました。試験は毎年1回ですから、これではいつまでたっても浪人……ということにもなりかねません。そのためかどうかはわかりませんが、現実的な手段として、1次試験合格後に、スクールに通うことで2次試験が免除されるという制度があります。自動車教習所に通うと、実技試験が免除になるようなものに近いかと思います。

2次試験免除を受けるためには、中小企業大学校の中小企業診断士養成課程というのに通います。これを終了すると、診断士の資格が得られます。しかし、これも楽かというと、まったくそうではありません。ほぼ半年の間、大学校の寮に泊り込んで、フルタイムで授業を受けないといけません。当然学費もかかります。

コンサルを目指すから、まずは診断士でも……という軽い考えではなかなか取れない資格だということがお分かりになったかと思います。

次回は、中小企業診断士がコンサル転職にどのくらい役立つか? 実際のところを解説します。

シリーズ2回目の記事へ
検証、中小企業診断士は転職に有利か?(中小企業コンサル編)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。