調べてびっくり! 世界各国の「母の日」事情をお伝えします。


5月の第2日曜日が「母の日」
こんなにある!日本と異なる母の日


5月第2日曜日が「母の日」の国

5月の第二日曜日が「母の日」
アメリカで生まれた母の日は世界中に広まりました
世界各国の母の日事情をお伝えいたします!

  • アメリカ
まずは、母の日発祥の地でもあるアメリカから。日本と同様、5月の第2日曜日が母の日。アメリカである女性が亡くなった母親を追悼したいという思いからカーネーションを贈ったことが、母の日の始まりと言われています。この風習は、ウェストヴァージニア州の知事が5月第2日曜日を母の日にすると宣言したことでアメリカ全土に広まっていき、1914年には5月の第2日曜日が「母の日」と制定されました。

  • オーストラリア
同じく5月の第2日曜日が「母の日」なのがオーストラリア。母の日に贈る花といえば、日本ではカーネーションが一般的ですが、オーストラリアではなんと菊の花! 母の日は、オーストラリアでは一大イベントでホテルなどでも母の日の特別プランができるそう。

  • フィンランド
同じく5月の第2日曜日が母の日なのがフィンランド。フィンランドでは母の日の花はミニバラを花屋で買うのが一般的ですが、それよりもっと素敵な母の日の花は、「Vuokko-ヴォッコ」という二輪草の野の花だそうです。子どもたちは当日朝に、家の庭や裏の森などから摘んできて、お母さんにプレゼントします。なんだか素敵ですね。また、ゆっくりベッドにいる母親に、家族がベッドまで、母の日のプレゼントと一緒に朝食を運んで来てくれる習慣があるそうです。

  • トルコ
今回ご紹介する5月第2日曜日が母の日である最後の国はトルコ。トルコにおいて母の日の合言葉は「母の日おめでとう!」。子供の日や敬老の日と同様、子供のいる女性全てに対して「おめでとう」の言葉を伝え合います。プレゼントは、白い花束が典型的な母の日のプレゼントとされていました。現在では、花であっても色を問わず誕生日プレゼントのように好みによって、小物や衣類等さまざまな贈り物が選ばれます。

次のページからは、5月の第2日曜日以外が母の日の国をご紹介します