母の日にお花のプレゼントに!
折り紙を使ったカーネーションの折り方・作り方


飾ってもステキ。鉛筆としても使える折り紙のカーネーション
母の日のプレゼントに、パパと一緒に折り紙でカーネーションを作って贈ってみては? 飾ってもステキだし、鉛筆としても使えるので、お母さんもきっと大喜びのはず! 詳しく折り方・をご紹介します。


折り紙で作るカーネーションの花の折り方

■ 準備するもの

赤・ピンク・緑・黄緑の折り紙
鉛筆、セロテープ、のり


■ 作り方

折り紙を半分に切り、白い面を外にして半分に折る。

写真のように、輪になっている方から1cm弱の幅で、最後を1cmほど残して切っていく。



赤い面を外にして、中に鉛筆を入れ、鉛筆をころころ転がしながら、折り紙に丸みをつける。



折り紙の端をセロテープで留め、写真のように、鉛筆にくるくる巻いていく。



折り紙半分が巻き終われば、しっかりとセロテープで固定する。



引き続き、同様に残りの半分も巻いていき、セロテープで固定する。


折り紙カーネーションの茎と葉の作り方


緑色の折り紙を2cm幅ぐらいに切る。



2cm幅に切った緑の折り紙2本をセロテープで裏からつなぎ、鉛筆にくるくる巻きつけていく。



1本の緑の折り紙を半分の長さに切り、花の付け根に巻き、形を整える。



緑の折り紙を半分に折り、中にのりをつけ、両面、緑色になるようにして、葉の形に切る。

1本の折り紙から4枚の葉ができる。



葉をのりで茎に付ける。
(難しければ、セロテープでも良い。)



出来上がり



同様にしてあと4本作る。


折り紙カーネーションのラッピング方法

レースペーパーとセロファンの包装紙でラッピングして、お母さんにプレゼントしましょう!


かわいらしくラッピングするには、クレープを巻くように、手前を短く、後ろは長くして、花がよく見えるようにするのがポイント。


鉛筆として使うときは、緑の折り紙の下の部分をはがし、セロテープで留めて使ってください。




関連記事



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。