フラワーペーパーで作る「お花紙カーネーション」

子供とカーネーション

花飾りペーパーで作った紙のカーネーション

5月の第2日曜日は母の日ですね。アメリカを模した日本の母の日は、お母さんに赤いカーネーションを贈る習慣があります。しかし、1本数百円もするカーネーションは、子供にはとても高価だと思いませんか? 私も母となった今は「カーネーションは生花でなくても構わない。我が子の手作りのプレゼントが何よりも嬉しいわ。」と言ってくれた母の気持ちがよくわかるようになりました。

母の日は、日頃お世話になっているお母さんに感謝の気持ちを伝える日です。カーネーションはお金で買わなくても紙で作ることだってできるのです。ここで紹介するのは、お花紙とストローさえあればできる可愛いカーネーションですよ。さらに、このカーネーションはお花として飾った後に、実用的なプレゼントにも変身するので、ぜひお母さんを驚かせてくださいね。
 

お花紙カーネーションの作り方

材料:赤のお花紙 2枚、緑のストロー 1本、緑の紙テープ、ワイヤータイ 1本、ピンキングハサミ

飾り紙

100円ショップで購入した花飾り紙

1.お花紙を広げ2枚だけ取ります。それを4等分に切り分けます。

 
ジャバラ折り

紙を重ねて細かいジャバラ折りにします。

2. 切り分けた紙を8枚重ねます。そして端から1cm幅のジャバラ折りにしていきます。

※最初から折り目がついている紙は2cm幅で折られているので、更にそれを半分にして折っていきます。

 


 
ワイヤータイで留める

中央をワイヤーで留めます。

3. 紙を半分に折り、中心にワイヤータイを結びます。

 
切り込みを入れる

中央に深い切り込みを入れます。

4. 中央に1カ所、1cm程の深さの切り込みを入れます。

 
ピンキングバサミで切る

切り口が毛羽立つ方がカーネーションらしく見えます。

5. ピンキングバサミで紙の端を切ります。100円ショップのはさみは切れが悪いのですが、逆に紙が毛羽立ち、カーネーションらしくなりました。

 
紙をめくります

破らないようにめくってください。

6. 紙を破らないように丁寧にめくり、全ての紙をめくり終えれば形を整えます。

 
テープとストローを切る

ストローは曲がる部分を切り落とします。

7. ストローは曲がる部分を切り取ります。紙テープはまずストローの長さ+1cmの長さに切り、更に縦半分に切って2本の細いテープ状にしてください。

※緑のストローは100円ショップのセリアで購入しました。

 
ワイヤーで紙テープを結ぶ

短い方は葉になります。

8. 緑のテープの短い方(葉になります)と長い方(ストローの中に隠します)の間をワイヤータイで挟み、2回程ねじって留めてください。

 

 


 
ストローの中に入れる

長い方のテープは細くしてストローの中に通します。

9. 長い方のテープを半分に折り、ワイヤーと一緒にストローの中へ通します。 

 
メッセージを書く

感謝の気持ちを書きましょう。

10. 短い方のテープに白い色えんぴつでメッセージを書きます。

 


 
裾の紙を留める

花が抜け落ちないようにしっかり留めます。

11. ストローの底から出ているテープの端を折り、花が抜け落ちないようにセロハンテープやマスキングテープで留めます。

 
完成

紙で包んでラッピングしてあげましょう。

12. 完成です。 1本をお菓子の包装紙などに包んでプレゼントしたり、数本を紙コップに立ててプレゼントするのも良いですね。プレゼントには必ず「ありがとう!」のメッセージカードを添える事をお忘れなく。








お花紙カーネーションがナプキンリングに変身!

ナプキンリング

ストローを外すとナプキンリングになります。

お花紙カーネーションのストローを外し、ストローの中に入れていた緑のテープで大きな輪を作ると、母の日のテーブルコーディネートにピッタリなナプキンリングに変身します。また輪を大きくすればカーテンタッセルとしても使うこともできますよ。心を込めて作った花は本物の花に負けていません。きっとお母さんも喜んでくれること間違いなしですよ。1本で2通りの使い方ができるカーネーションで、ぜひお母さんを2度喜ばせてあげてくださいね。


■ナプキンリングの作り方
テープを輪にする

ストローを取り外してください。

1. ストローから緑の紙テープを抜き出します。
2. 2本のテープの端を結び、輪を作ります。
3. 輪の中に丸めたナプキンを通します。
※ナプキンの厚みに合わせて輪の大きさは調整してください。




関連記事



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。