keigo
正しい敬語が使えているかどうか、なかなか自分ではわかりませんね。
「そういえば、敬語についてきちんと学んだことがないかも……」という人は意外に多いもの。また、新入社員の頃に教えられていたとしても、当時はその重要性がよくわからず、あまり記憶に残っていないという人もいるでしょう。

しかし、仕事をスムーズに進めたり、良い人間関係を築いていく上で、敬語は避けては通れません。

そこで、間違って使われていることが多い敬語について整理してみましょう。



「尊敬語」と「謙譲語」の逆用、混同に注意

敬語には、相手を敬い、その人自身やその人に属する物、行為などに対して使う「尊敬語」、相手を立てるために自分がへりくだる「謙譲語」、丁寧に表現する「丁寧語」の3つがあります。

例えば、「見る」の尊敬語は「ご覧になる」、謙譲語は「拝見する」。
「聞く」の尊敬語は「お聞きになる」、謙譲語は「承る」「拝聴する」。
また、「~ではありません」を「~ではございません」などと表現するのが「丁寧語」ということになります。

これを踏まえてオフィスでよく聞こえてくる敬語の間違いをチェックしてみると、尊敬語と謙譲語を逆につかっていたり、混同していることが多いよう。

以下、気になる表現をピックアップしてみました。

1) 「○○さんはおられますか?」
2) 「○○さんは参られますか?」
3) 「受付で伺ってください」
4) 「これを拝見してください」
5) 「お食べ下さい」

これらは、いずれも間違った表現。尊敬語を使うべきところで、謙譲語を使っています。

正しくは……
1) 「○○さんはいらっしゃいますか?」
2) 「○○さんはおいでになりますか?」
3) 「受付でお聞きになってください」
4) 「これをご覧ください」
5) 「お召し上がりください」
となります。

また、「課長が申していらっしゃいました」もヘン。
「申す」という謙譲語と、「いらっしゃる」という尊敬語が同時に使われています。
正しくは、「課長がおっしゃった」ですね。


次のページでは、「丁寧に」、を意識しすぎて起こってしまう間違いをチェックしてみます。