自分の話を聞いてほしいと思うことは自然なこと。それをコントロールできるのが、大人の女性です。
いろいろな人と話をしていると「話しやすい」と思う人もいれば「この人と話をすると、なんだか、イライラする」と感じる人もいます。この違いは、どこからくるのでしょうか? 恋人との会話でも、ビジネスでの会話でも、「会話術」のスキルが高い女性は、まわりから応援してもらうことができ、サポートしてもらい、どんどん人生を充実させていくことができます。「会話術」は、人生を豊かにするために、欠かすことのできないスキルなのです。

今回は、「話しやすい女性」と思ってもらえる人になるための、30歳になるまでに身につけたい会話術【BEST3】をご紹介します。

INDEX

はじめに・・・誰だって、自分が一番!
STEP:1・・・心の余裕があらわれる会話術
STEP:2・・・日々の過ごし方が現れる人間力
STEP:3・・・女力(おんなりょく)をアップする呪文

誰だって、自分が一番!

ここに1枚の集合写真があるとします。もちろん、あなたも写っている集合写真です。はじめてその写真を手にしたとき、あなたは、最初にどこを見ますか?

これは、潜在的な人の心理を知るための質問です。ほとんどの人が、「自分自身」の姿を探しますね。自分がどんな表情で写っているのか?とても気になります。人は、意識をしなければ「自分が一番」。自分が周りからどのように見られているのか? 自分のことを知ってほしい という自分中心の考え方をするものなのです。これは、ごく自然なこと。決して悪いことではありません。

とはいえ、恋人やビジネスの場で、第三者と信頼関係を築いていくためには、「自分が一番」の気持ちをうまくコントロールすることが大切。これは「大人の女性」だからこそできる会話術です。20代のうちにうまくコントロールすることができるようになれば、30代にはさらに充実した時間を過ごすことができます。

それでは、「自分が一番」の気持ちをコントロールするためには、どのような点に気をつけるとよいのでしょうか?いまからご紹介する、20代にマスターしておきたい会話術【BEST3】を読んで、日々の生活に取り入れてみましょう。

[ →→ ] STEP1「心の余裕があらわれる会話術」はこちらをチェック