心の余裕があらわれる会話術

人の話を遮るのは、自分が優位に立ちたい表れ。まずは相手の話をじっくり聞いて。
恋人または上司と話をしているとき、「それは、私の考えとは、ちょっと違うかも」と感じたことはありませんか? そんなとき、あなたはどのような言葉を選んで返事をしますか?

こんなとき、やるべきことは1つだけ。「最後まで話を聞くこと」です。わかってはいるけれども、意外とできないのが、この「人の話を聞くこと」ではないでしょうか。

自分と考えが異なると、つい「それは・・・」と、自分の意見を言いたくなります。そこは、ぐっと我慢。話をしている人は、途中で話をさえぎられると「拒絶された」と感じます。最後まで話を聞いてもらえないことから、ストレスもたまり、度重なるとあなたに対する不信感にもつながる可能性もあるのです。

相手の話を最後までゆっくりと聞くことができる人は、心に余裕がある人だといえます。相手を受け入れるだけの広さをもつ女性だからこそ、「この人なら信頼できるかもしれない」と思ってもらえます。自分の意見は、相手の話が途切れたときに、「そうですよね、おっしゃることはよくわかります。実は私は・・・。」と話はじめればよいこと。相手の話を遮らない。心で受け止める。まずは、ここからはじめましょう。

[ →→ ] STEP2「日々の過ごし方が現れる人間力」はこちらをチェック