日々の過ごし方が現れる人間力

会話力アップは、毎日を丁寧にすごすことから始まります。
会話のなかで、相手の申し出を断らなければならない場合、「断り方」ひとつで、その人の知識の広さや人間力が表れます。たとえば、「今度の土曜日、映画にいかない?」と誘われたとき、「今度の土曜日は予定があるから。」と返答をした場合と、「今度の土曜日は無理だけど、日曜日なら大丈夫。」と答えた場合、どちらのほうがよい印象を受けますか?

いまご紹介した例は、日常会話で簡単に取り入れられるケースですが、話がもっと複雑になった場合は会話力の見せ所。相手のリクエストに対して「○○は難しいけれど、△△なら大丈夫。」の「△△」の部分に、いかに相手が納得する代替案を示すことができるのか?が重要なポイントになります。

相手が納得してくれる代替案を出せるかどうかは、「物事を冷静かつ広く捉える」「日ごろから知識を蓄えておく」「柔軟な考え方をする」など、いわゆる「人間力」によって左右されます。これは、今日明日で身につけられるものではありません。毎日新聞を読む、本を読む、人のとの出会いの場に積極的に出かけるなど、日々の生活そのものが反映されます。20代のうちに、このようなスキルをしっかりと身につけて、人間力で勝負できる、本物の大人の女性を目指しましょう。

[ →→ ] STEP3「女力(おんなりょく)をアップする呪文」はこちらをチェック