この学位、日本の社会で通用するの?

英国ウェールズ大学(University of Wales)は、英国王室チャールズ皇太子が総長を務め、世界50カ国に認可校を持ち8万人近い学生が在籍する連合大学です。このMBAプログラムでは、修了後、University of Walesより正式な経営学修士号(MBA)が授与されます。つまり修了生はイギリスの学位を得ることになります。

日本で通用するかどうか、不安に思う方もいらっしゃると思いますが、MBAは資格ではありません。修士号という学位なのです。
そして、この学位を生かすも生かさないもその人、本人次第なのです。
MBAがもてはやされた時代はとうに過ぎました。学位が社会で通用するかなどの心配をするより、ここで学んだことをどうやって生かしていくか、この学位をどのように通用させるかという戦略をたて、実際に行動していくことが重要なのです。



英国国立ウェールズ大学大学院
経営学修士号(MBA)プログラム
ホームページ:http://athuman.com/mba/
東京キャンパス:TEL0120-03-8159
大阪キャンパス:TEL0120-06-1192



【関連記事】
会社を辞めずにMBA
・大学院の実態
・仕事を辞めてアメリカMBA留学
・アメリカ学生ビザ申請が複雑化。面接が義務に
・社会人の大学・大学院進学/上司や同僚に報告すべき?
・やっぱりハード?社会人学生睡眠時間調査の実態



【投稿募集】英国国立ウェールズ大学大学院特集をご覧になってのご意見・ご感想、体験談などをお寄せください!
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。