学びをお金に変える技術の根底にあるのは「誰かの役にたつ」

image
身近な人に無償で教えるうちに、いつのまにかエキスパートと認識され、口コミで講師などの仕事につながるケースも

まず最初に、稼ぎを得るには「誰かの役にたつ以外にない」と断言し、人から「ありがとう」と感謝されることをした見返りがお金であるという考え方のもと、「勉強」を「稼ぎを生み出す」仕掛けにまで育てることを提唱しています。

その方法として、学んだ事をどんどんアウトプットし、人のために使えば使うほど、お金につながると言っています。


image
成功するためのビジネス書100冊 藤井孝一著 1,365(税込)
藤井氏の方法を一つご紹介すると、彼は勉強の一環としてビジネス書を大量に読んでいました。そして、本を読んだら読みっぱなしではなく、書評を書いて雑誌社に売り込み、さらにビジネス選書&サマリーというホームページを立ち上げ、メールマガジンを発行し、書籍出版(例:「成功するためのビジネス書100冊」等)など、「ビジネス書を読む」という学びから次々稼げる仕掛けを作りました。


「お金を稼ぐ勉強法」では、藤井氏が実際に稼いだ方法について、記事作成や書籍などの「書く」、講演会等での「話す」、電話やEメールでのコンサルティング「相談に乗る」など大きく8つに分けて、稼ぎ史の中で紹介していますので、ぜひご覧下さい。


あなたの「学び」が世の中のタメになる


あなたの学んだことが、誰かの「ありがとう」につながるって、素晴らしいと思います。学びをどんな風に活かすかは人それぞれですが、一つの学びを誰かの「ありがとう」になるように様々な形でアウトプットし、収入につなげていくという考え方には、「なるほど」と思いました。

自己投資として「勉強」を考えており、かつ何を学ぼうかと悩んでいる人にはぜひ一読をおすすめします。

【関連記事】
・合格までのスケジュール
・goo「稼げる資格ランキング」を大検証!
・高齢大学生の卒業後の進路について
・マンガで資格のお勉強
・ DS強し!ゲーム機で勉強する人増加中
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。