はじめてのマンション購入は緊張しますがしっかり準備すれば大丈夫
初めてマンションを買うときには価格の大部分を住宅ローンでまかなうケースが一般的ですが、頭金や諸費用は現金で用意する必要があります。結局のところ手持ち資金はいくら必要なのか、諸費用としてどんなものがいくらぐらいかかるのか、確認しておきましょう。

頭金はマンション価格の2割以上用意したい

マンションを購入するときには頭金が必要です。頭金は住宅価格のうち自分の手持ち資金から支払う部分のことで、価格の2割以上というのが一般的。残りは住宅ローンで借り入れます。例えばマンション価格が4000万円だとすれば、頭金が2割とすると800万円。住宅ローンの借り入れは3200万円です。

ケースによっては頭金が2割未満でもマンションを買える場合もあります。ただその分、住宅ローンの借り入れが増えるので、返済の負担が重くなってしまいます。親からの資金援助は贈与税がタダになる特例などを活用し、できるだけ2割以上の頭金を用意したいものです。

価格の3~5%の諸費用も必要

頭金を2割用意したとしても、それだけでマンションが買えるわけではありません。必要な手持ち資金としてはこれに諸費用として価格の3~5%が加わります。合計すると価格の23~25%を自己資金から工面しなければならないわけです。マンション価格が4000万円とすると、1000万円程度の自己資金が必要という計算です。

契約時にかかる印紙税と登記費用


        ●頭金以外にも諸費用が必要




購入時の諸費用には各種の税金や保険料などがありますが、大きくは契約時とローン借入時の費用に分けられます。契約するときの費用のなかで最も大きいのは登録免許税。そのマンションの土地や建物が購入した人のものであることを明確にさせるため、登記簿の所有権の欄に購入者の名前を登記します。その際に課せられる税金が登録免許税です。

新築マンションの登記では土地の所有権移転登記と建物の所有権保存登記、建物の表示登記とが必要となり、20万円前後の登録免許税を支払います。登記手続きは司法書士などに代行してもらうのが一般的なので、10万円前後の報酬も併せて支払うことになります。このほか、契約時には契約書に貼る印紙税も必要です。

次のページでは、気になるローン借入時の諸費用の詳細をご紹介します