政治家を目指す方法アレコレ
候補者の公募制が「一発逆転」のきっかけに!

赤いじゅうたん
「一発逆転」人生で、あなたにも国会の「赤いじゅうたん」を踏む日が来るかもしれません……
■議員秘書になる……政治家になるための常道。どこかの議員事務所で「下積み」経験を重ね、機会を待ってその議員の地盤を引き継いだり、政党に所属していれば空きができた別の選挙区から「落下傘候補(その土地に地縁、血縁の無い候補者)」として出馬したり……。議員秘書には、政策担当秘書などの公設秘書と私設秘書がある。
参議院 ご案内>政策担当秘書資格試験
■政党主催の政治塾に通う……大政党は候補者養成のための政治塾を開いているので、そこで政治や立候補のためのノウハウなどを学ぶのも1つの手。
自由民主党中央政治大学院
民主党政治スクール
■民間団体主催の政治塾に通う……政党以外にも、さまざまな民間団体が政治塾を開催している。
松下政経塾
一新塾
市川房枝記念会
■政党の職員として働く……政党で働く職員は、やはり将来政治家を目指している人が多いよう。
■政党が行う候補者の公募に応募する……最近では、選挙前に政党が候補者を公募するケースが増えている。選挙には通常、「地盤(支援組織)」「看板(知名度)」「カバン(お金)」の3バンが必要と言われるが、公募でめでたく合格すれば、3バンを持っていなくても当選できるチャンスあり!

杉村太蔵議員のケースは候補者の公募です。これをきっかけに、一介の会社員があれよあれよという間に国会議員の座をゲットし、まさしく「一発逆転」人生を実現! そこで、次のページでは太蔵議員の「一発逆転」のいきさつとそのきっかけとなった公募制について読みといてみましょう。実は…… → 次のページへ