「文書作成」に自信がありますか?

文書作成
日々書いている文章の出来映えに、どの程度自信が持てているだろうか?
ビジネス文章、本当に自信をもって書けていますか?

「ビジネスパーソン」と「文書作成」というのは、切っても切れない関係です。仕事をしている方なら誰でも、毎日何らかの文章を書いているでしょう。例えば、会議の議事録、新製品の企画書、顧客への提案書といったフォーマルなものから、上司へのちょっとしたメール、電話のメモまで。

しかし、自分が書いた文章に対して、こんな風に上司や顧客に言われたことはありませんか?

「何が言いたいのかよくわからないんだけど」
「~~って書いてあるけど、これってホントなの?」
「言いたいことって本当にこれで全部だっけ?」

思い当たる節があるあなたは、知らず知らずのうちに論理的ではない「自分だけにしかわからない文章」を書いてしまっているのかもしれません。

ビジネス文書作成に必要な文章力とは?

ビジネス文書を書くにあたって、一番重要なポイントは「論理的に考えること」です。

ではビジネスシーンで求められる文章とはどのようなものでしょうか。社外向け・社内向けを問わず、ビジネス文書とは「何かを相手に伝えるため」に書かれます。特にビジネスにおいては、詩や小説を書いているわけではないので、要件を正確に、簡潔に、わかりやすく、論理的に相手に伝えることが重要になります。

自分の頭の中でさえ整理されていないことを、誰か他の人に伝えることは至難の業ですよね。何も考えずに文章を書き始めると、途中で自分が何を書いているのか、何が言いたかったのかわからなくなってしまうことも多いのではないでしょうか。そのような状況に陥らないようにするために、論理的に考えて、言いたいことを整理してから書くことが必要なのです。

伝えたいことを論理的に考えて文章にする「ロジカルライティング」については次ページ