SWOT分析を正しく行っていますか?

SWOT分析
最もポピュラーな分析ツールであるSWOT分析だが様々な分析方法があるのをご存知でしたか?
マーケティング戦略立案に欠かすことのできない分析フレームワークと言えばSWOT分析。

Strength:強み
Weakness:弱み
Opportunity:機会
Threat:脅威
という4つから自社や自社商品を分析するものです。

非常にポピュラーなツールなのでみなさんも活用されていると思うのですが、このSWOT分析、どのような順番で分析を行っているのでしょうか?

「分析の順番で何か違いがあるのか?」と不思議に思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、実際にSWOT分析は、要素を分析する順番によって全く違う結果につながるのです。

既存資源を活かす時は「SW分析」から

SWOT分析を分類するとSWの内部環境分析OTの外部環境分析に分けることができます。

ここでまず、SWの内部環境分析から始めると、自社の持つ“既存”の強みや弱みを洗い出していきます。そして、次に「自社の強みを活かしてどのような機会を得ることができるか?」、また「弱みからどのような脅威が考えられるか?」「『自社の強みで考えられる脅威を避けることができないか?」「弱みで脅威が増幅することはないだろうか?」といった観点から分析します。

つまり、既存の経営資源の中でどのようにして最大限の成果を収めていくかというポイントを踏まえて戦略を立てるわけです。つまり、現状保有する経営資源で得られる最大限のビジネスチャンスをものにする戦略を立てるということになり、特に短期的な戦略を構築する際に有効な手段と言えます。

市場環境から考える時は「OT分析」から

SWOT分析
SW⇒OT、OT⇒SWの順番でSWOT分析の結果が全く異なる!
一方でOTという外部環境から分析を始めるとSWOT分析にはどのような違いが表れるでしょうか?

OTから始めるということは、経済環境やビジネスチャンス、ライバル企業の状況などをまず分析して「外部環境から自社はどのような機会を手にする可能性があるか?」を特定します。それから、外部環境分析からビジネスチャンスをつかむにあたって考えられる脅威を慎重に検討していきます。

次に「そのチャンスを確実に手中に収めるためにはどのような強みを持つべきか?」という自社が成功するために持つべき強み、つまりKFS(鍵となる成功要因)を考えます。そして最後に脅威につながるであろう弱みを特定していくのです。

つまり、外部環境分析から始まるSWOT分析では、自社の現状保有する経営資源という制約を考えることなく、市場分析を詳細に行います。その結果、最大限のビジネスチャンスを手にするためにはどのような経営資源やケイパビリティを備えていくか、という成功のために必要な内部資源を考えるツールとなるわけです。

この場合の内部環境分析では、「実際に現状持つ強み」よりも「理想の強み」にフォーカスしていますので、「現状の強み=理想の強み」でなければ、理想の強みを獲得するための戦略を立てる必要もあります。この観点から、OTという外部環境からSWOT分析を始めた場合は中・長期的な戦略構築につながるパターンが多いと言えます。

  • これまでに企業として古い歴史があり、十分な経営資源を保有している場合はSW⇒OT型
  • ベンチャー企業など現状あまり経営資源を持たず、ビジネスチャンスを捉えて今後急激な成長を目指す企業の場合はOT⇒SW型
を活用できます。もちろん経営資源を十分に保有している企業の場合でもアグレッシブに成長を求めるのであればOT⇒SW型のSWOT分析を行うべきです。

これら2つのアプローチを既に意識して活用されている方もいらっしゃると思いますが、これまで単にSWOT分析を行っていた方は、是非とも2つのアプローチ手法の違いを認識して活用すれば、最適の戦略を構築することができるはずです。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。