発明は時として異質な分野から生まれることが多い。今回の使い捨てカイロもその代表といえそうだ。それは偶然性以外にも、開発者の感性と発想の転換が寄与しているといっても過言ではないだろう。開発の途中にみられる、柔軟な発想に何かヒントが得られそうだ!


《使い捨てカイロ》
“火の無いところに煙がもうもうな~んだ?“といったなぞなっぞがあったが、火が無いのに熱くなるものがあった。つまり使い捨てカイロである。


この原理はわかりやすい。鉄は酸化すると熱を発するのであるが、このカイロは、鉄の酸化反応による反応熱を利用しているのだ。当然酸素が必要になり、また熱を持続させるために反応速度を上げる必要がある。

1.鉄を細かくする(反応面積を多くするため)。
2.次に食塩水を染み込ませた木炭粉を混ぜる(酸化を促進させることができる)。
3.鉄が外へ出ないように、二重構造の袋に入れて出来上がり。

使用時に外の密閉袋を破くと、内袋の通気穴を通して酸素が送られ、酸化反応が起こるのである。これにより野外観戦や冬場の作業も楽になったのである。

この使い捨てカイロはロッテが最初に発売している。あのお菓子メーカーの会社である。開発はロッテ電子工業株式会社が担当した。

お菓子の中に入れる脱酸素剤(お菓子の酸化を防ぐもの)の、効果の大きなものを作ろうとして、原料の鉄粉や活性炭の量を増やす実験をしていたとき、大きな熱の発生を発見した。

熱が出てはお菓子には使えないのであったが、開発者の一人がカイロに使えると考え、使え捨てカイロの誕生となったのである。

このカイロの誕生は1978年であり、「ホカロン」と名付けられ販売された。そしてテレビによる宣伝効果も手(鉄?)伝って、爆発的なヒット商品となったのである。

今では20数社から商品化され、貼るタイプ、靴の中に入れるタイプ、座布団タイプのものなど様々な形態のものが出ている。

このように学生時代の理科で習った基本的な原理で、多くの発明品が生まれているのが嬉しい。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。