◆『What』と同じだけ『How』にも注力する

企画書を練ったりというのは、左の図の左側、つまり『何を話すか--What』を考えることにあたり、『コンテンツ』(Contents)と『ストラクチャー』(Structure)の領域にあたります。
この部分に意識が向きすぎるあまり、『デリバリー』(Delivery)や『プレゼンス』(Presence)といった、図の右側に当たる『どう話すか--How』がおろそかになっている場合が多く見られます。


どんなに話す内容が素晴らしかったとしても、それを伝える『あなた自身』の魅力がつたわらなければ、あなたから買う気にはなりにくいでしょう。

ぜひ、聴衆を魅了する『伝え方』の技術を学んでください。
次回以降の『連載:営業マンのプレゼンテーション』では具体的な『伝え方』についてもお伝えします。


ガイド関連リンクへ
連載:営業マンのプレゼンテーション
No.1
営業マンはプレゼン力を鍛えろ!
No.2
存在感をコントロールするために
No.3
第一印象を決める要素とは?

スーパー営業マンへの第一歩!

 

プレゼンテーション力は営業マンの必須スキル。
まずは、自分のプレゼンを『コンテンツ』 『ストラクチャー』『デリバリー』『プレゼンス』の観点から見直しましょう。

特に、注意すべきは、『何を話すか?』に意識が行き過ぎて、『どう話すか?』をおろそかにしていませんか?

 


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。