新しい人や新しい環境との出会いは、期待と不安が入り混じっている緊張しますよね。こんな場面で挨拶するときは、相手にあなたの印象を残す瞬間です。そこで今回は好感度アップでスタートできるような挨拶のヒントをご紹介しましょう。

やっぱり第一印象で評価される?!

さあ、今日からスタートです
これから始る新しい環境を楽しむ気持ちで行きましょう!
よく言われていることですが、やはり第一印象は大切です。なぜなら初めてあなたが相手から評価をされる場面だからです。ここが好印象だと、その後の関わり方が変わりコミュニケーションしやすくなります。それには「新人」というスタンスで望みましょう。今までにどんなに経験がある人でも、この場所は初めて。フレッシュさや一生懸命さを出して好感度をアップしましょう。

「はじめまして」「よろしくお願いします」は、やはり「笑顔」で挨拶しましょう。
笑顔で話すと、声も明るくなります。出来ているかどうかは、自分では意外に気づかないものなので、事前に鏡に向って「笑顔」の練習もしてくださいね。

そして「姿勢」も重要。やる気があるようにみせるには、胸を張って立ちましょう。猫背の人は自信がないように見られてしまうので気をつけましょう。そして挨拶しているときは、身体を小刻みに動かさず、真っ直ぐ前を見て話します。身体を無駄に動かしすぎると「落ち着かない」という印象を与えてしまいます。それよりは、ちょっと堅いね、と思われるくらいが一生懸命さ、謙虚さが伝わっていいでしょう。

注意!これで印象度がダウン

基本的な挨拶をするときにも、注意するポイントがあります。どんなことに気をつけるといいのかご紹介しましょう。

■基本の挨拶~話し方の注意点
「はじめまして」「よろしくお願いします」という基本の挨拶は、普段より少し大きめの張った声で話しましょう。もちろん笑顔で元気よくです!

たとえば、レストランに入ったときに「いらっしゃいませ」と言われます。そのときに元気なく、聞こえないくらいか細い声だったらどうでしょう? なんだか暗い印象で、出てくる料理もおいしくなさそうですね。そのお店に合ったトーンで笑顔でさわやかに言ってもらえると「来た甲斐があったな~」と思います。

はじめの挨拶も「この人が来てくれてよかったな~」という印象を相手に持たれるように話しましょう。そしてお辞儀のタイミングは「よろしくお願いします」という言葉の最後か、終わってから頭を下げます。下げながら言うと、言葉も聞き取りにくくなり、少し雑な印象を与えてしまいます。言い切ってから動作をする方が、ずっと堂々と見えますよ。

■今までの経歴紹介~話し方の注意点
これまでのあなたの経験を伝えるときなので、自信を持って話しましょう。やってきたことに誇りを持っているな、という印象を持たれるといいですね。そして、少しゆっくりめに話すほうがいいでしょう。なぜなら相手にとってはじめて聞く内容で、とっさにわからないこともあるかもしれません。

転籍、転職された人だと、それなりに仕事でやって来た経歴があるでしょう。かといって全てを話すことは難しいので、必ず事前に要点をまとめておきましょう。新入社員の人もアルバイトでの経験から話すこともあるでしょうが、あらかじめポイントを絞っておくと聞きやすくなります。

次のページで、親しさを増す挨拶の具体例と、そのやり方のコツをご紹介します。