今回から新しい企画で、第一線で活躍されているビジネスパーソンの方々にインタビューを実施し、キャリア形成における「節目」や「転機」の重要性を感じ取っていただければと思います。20代~40代のビジネスパーソンを中心に、スクランブルに実施していく予定です。

2001年、青山学院大学を卒業後、キャリアデザインセンターへ入社。現在、人材開発課長の鈴木さん。
今回は現在、株式会社キャリアデザインセンターに在籍されている鈴木敦子さんにインタビューを実施しました。以下、インタビュー内容を基にした編集記事とさせていただきます。

2月20日(水)11時~、キャリアデザインセンター会議室にて。

入社直前のまさかの出来事・・・

ガイド:
初めてお会いしたときから、もうどの位たったでしょうか?

鈴木さん:
そうですね。確か入社2年目なので、5年以上になりますね。

ガイド:
最初に会ったときの印象は若いのに隙がなさそうで、怖かったなぁ。(笑)

鈴木さん:
なめられないよう、精一杯背伸びしていたのでしょう。(笑)

-鈴木さんは2001年入社で7年目のキャリア。入社した頃は就職氷河期であった。家庭環境や学生時代のアルバイトの影響で、所謂、大企業思考ではなかったという。生き生きとしていて、自由闊達な社風を持つベンチャー系の会社を志望し、キャリアデザインセンターに入社されたという。-

ガイド:
始めは営業職だったのでしょうか?

鈴木さん:
実はいろいろとありまして。。。入社前は紹介事業部の営業への配属が決まっていたのですが、入社の約1週間前に会社から連絡があり、予定していた配属がなくなり、広告営業の配属になるということでした。全く予期せぬ出来事だったので、本当に戸惑いました。

ガイド:
1週間前となると、他への行き場もないですね。会社への不信感もあったでしょう?

鈴木さん:
正直、そうですね。入社1週間前のことでしたので、”何で私が・・・”という気持ちがありましたね。

ガイド:
どうやって、折り合いをつけたのでしょうか?

鈴木さん:
最初は希望していたイメージと全く違う仕事をしていたので、複雑な気持ちのまま取り組んでいましたね。中途半端だったのかな。そんな中で周りも初受注をとるようになって、焦りはじめ、なんとか入社3ヶ月目に初受注を取ることができました。2件、立て続けでしたね。入社半年すると、大きな受注も獲得することが出来ました。その頃に、人事から話があり、当初の人材紹介部への異動となったのです。

では、次のページでは、希望部署や人事部への異動の話を伺ってみました。