30代は将来的な環境変化に対応した、応用力のあるキャリアを身につける年代です。そのためには、自社での目指すべきポジショニングの決定、市場(オープンマーケット)で通用するキャリアの想定、将来にわたるキャリアデザインの設定、専門分野での応用力が求められます。

30代に多いキャリア上の悩みとは

30代の方は社会人として、仕事上のキャリアが10年以上経過していると思います。

既婚者で子供のいる方、既婚者で子供のいない方、未婚者の方ではキャリアプランをする際の前提が異なります。今回は共通項である仕事を中心としたキャリアプランについて、考えたいと思います。

不満からの転職はキャリアダウンする

転職は機が熟した時に考えよ。不満からの転職はよい結果が生まれない

転職は機が熟した時に考えよ。不満からの転職はよい結果が生まれない

転職をする際の上限年齢は35歳と言われています。これは35歳を越えると、管理職のポジションが中心となり、ヘッドハンティングやミドルハンティングの領域になるからです。ハンティングされる対象層とは、その会社で実績を上げている方、さらにその業界でも名前が知られているレベルの方です。全体のおおよそ5%です。

人材紹介会社から「ヘッドハンティングの話ですが、一度お目にかかりたい」という類の電話を受けたことがあるかも知れませんが、ハンティングの話ではなく、単なるポジション紹介の話であることが多いものです。今のような買い手市場であればあるほど、毒饅頭を食わされないように気をつけましょう。

キャリアや転職相談で様々な方々と接しておりますが、このところ最も多いのが、社内での評価に不満を持ち転職を考える方々です。現状に不満を抱いている時は、隣の芝生は青く見えるもの。これはガイドの私が学生時代からのメンターから教わったことですが、転職するかどうかのバロメーターとして次のことを想定して下さい。辞表を上司に提出する際の反応をイメージするのです。簡単に受領するようでは機が熟したとは言えません。強い慰留をしない限り、転職しても同じことの繰り返しになります。

つまり、戦力として重要かどうかを上司は判断しているです。辞めることでその組織に与えるインパクトがどのくらいあるかを見られているのです。組織に大きな影響を与え、強い慰留がイメージできなければ、まずはそういうレベルの戦力になることが求められるのです。