中古 戸建て住宅 購入のチェックポイント

中古住宅を買うメリットは、実物を目で見て確かめられること。そして経年の変化も分かること。

中古住宅を買うメリットは、実物を目で見て確かめられること。そして経年の変化も分かること。

中古住宅を購入する際には「エリア」「広さ」「価格」などをまずチェックすると思いますが、今回はパッと見では判断が難しい、住宅そのものの性能面のチェック項目をご紹介いたします。着目する10のポイントは以下のとおりです。

1.耐震性
2.火災時の安全性、避難のしやすさ
3.耐久性
4.快適性
5.明るさ、開放感
6.シックハウス
7.静かな環境
8.バリアフリー性
9.防犯性
10.リフォームのしやすさ

それでは、順番に内容を見てまいりましょう。

ポイントその1.耐震性

阪神淡路大震災や東日本大震災を経験し、住まいの耐震性を重視する人が増えました。中古戸建て住宅の耐震性を知る上で大切なチェックポイントは3つあります。「建設時期」「地盤」「メンテナンスの有無」です。 

建築時期でわかる耐震性

まずは建設時期ですが、「1981年」「2000年」という二つのチェックポイントがあります。もう皆さんも「新耐震基準」という言葉をご存じだと思いますが、1981年(昭和56年)6月1日以降に確認申請を取得し建てられた物件は新耐震基準で建てられており、一定以上の耐震性を持っていると考えられています。

もう一つ、2000年にも大きな耐震基準の改訂がありました。ここを境に木造戸建て住宅の耐震性がさらに向上しています。従って、中古戸建て購入では、最低でも1981年以降の物件、さらに2000年以降の物件ならなお安心だと考えてよいでしょう。ただし、それ以前に建てられた物件でも、耐震診断、耐震補強が済んでいれば安心です。もしくはそれらの改修を行うことを前提に、購入時にその費用を見込んでおくとよいでしょう。

 

軟弱地盤は要注意

次に地盤のチェックポイントです。「軟弱地盤」「造成地の盛土部分」「液状化しやすい」に該当しないか確認してください。自治体によってはインターネットでハザードマップを公表しているところもあります。公開していない自治体であれば、建築課を訪れて直接聞いてみてもいいでしょう。

もしそれらの条件に当てはまる場合、どのような対策が取ってあるか、過去の地震時の被害状況などを調べましょう。自宅の購入は大きな買い物ですので、もし心配であれば許可を取って地盤調査をすることも検討してください。戸建て住宅なら簡易なスウェーデン式サウンディング試験でよいでしょう。

 

適切なメンテナンスがされている物件か

建物は建った日から劣化が始まり、古ければ古いほど様々な部分で耐震性にも影響が出てきますが、適切な時期に適切なメンテナンスをすることでそれらをカバーすることができます。メンテナンスの時期や内容を記した「家歴書」の有無や内容をチェックしましょう。

 

今すぐできる目視確認のポイント

基礎部分にひび割れがないか、床下換気口が適切に設けてあるかなどを外から見て目視で確認してください。また、可能であれば家の中の床下や屋根裏をのぞいてみましょう。
基礎、土台などの状態を目視で確認しましょう。

基礎、土台などの状態を目視で確認しましょう。



耐震性に関する目視確認ポイント例
・コンクリートの基礎部分に大きなヒビがないか(外からの目視)
・床下換気口はついているか(床下の適切な換気のため)(同上)
・家や基礎に傾きはないか(同上)
・柱、梁に変色はないか。痩せて細くなった部分、ささくれ立ちはないか(室内)
・床下の基礎と土台のつなぎ目がはずれていないか(床下)
・床下部分のシロアリの被害や、木が腐ったり欠けたりしていないか(床下)
・屋根を支える木材が腐っていないか(天井裏)

 

次ページでは火災時の安全性、耐久性、快適性、明るさ、シックハウスなどのチェックポイントを見ていきましょう。