新しいほど耐震性は高いの?

新しければ新しいほど耐震性はある!?

新しければ新しいほど耐震性はある!?

建物の耐震性を定める建築基準法は、過去大地震が起きるたびに見直され、改正されてきました。ということは「新しい建物ほど耐震性が高い」ということになるのでしょうか?

今回は過去の大地震とその後に行われた建築基準法改正の変遷を追ってみようと思います。建築年度でその建物の耐震性が読みとれると思いますので、ぜひ参考にご覧ください。

過去の教訓を活かして進化する耐震基準 

建築基準法の耐震基準はなぜ大地震の後に改正されるのでしょうか?

大地震が建物に及ぼす影響については実は非常に予測しにくいと言えます。同一地点での大地震は100年に一度または1000年に一度というスパンでしかきません。ですから判断材料となる事例が少なく、予測するのは非常に難しいのです。従って、今までの改正の流れは以下のようになっています。

大地震が起きる ⇒ 被害状況を調べる ⇒ その教訓を盛り込んで耐震基準を改正していく

建築基準法に示される耐震基準は、大地震という苦い経験を元にして改正を繰り返す「生きた法律」であるといってもよいでしょう。それでは早速過去の大地震と建築基準法改正の変遷を表で確かめてみましょう。

過去の大地震と建築基準法の変遷(表) 

【図1】過去の大地震と建築基準法改正の変遷

【図1】過去の大地震と建築基準法改正の変遷(クリックで拡大)



地震大国日本で暮らすために 

同地点で起こる大地震のスパンは長いため、実際には大地震を経験せず取り壊されてゆく建物もたくさんあります。しかしそれはたまたま幸運だっただけで、地震大国日本に暮らす以上、耐震性の高い家に住むことが、命を守るために一番大切なことです。

日本の耐震設計の歴史は浅い 

日本では昔から建物の耐震化に苦心をしてきましたが、いわゆる地震学、耐震工学として耐震設計が始められたのは19世紀の末ごろになります。まだ始まって1世紀ほどしか経っていません。次のページで歴史の始めから流れを追ってみましょう。