狙われやすい家

ドロボウに狙われやすい家はどんな家?

ドロボウに狙われやすい家はどんな家?

同じような門構えなのに、泥棒に入られる家と入られない家があります。しかも、一回だけでなく、繰り返し狙われてしまう家もあります。

泥棒に狙われやすい場所には一定のルールがあります。被害にあう前に危険箇所をチェックして、その部分を特に重点的に対策をすることで、家の防犯性を高めておきましょう。

 

敷地形状からわかる下見のしやすさ

まずは、あなたの家の敷地が前面道路に対してどのような接し方をしているか、道路と敷地の関係を見てみましょう。戸建て住宅の場合、【図1】のように、だいたい3つのパターンに分類されます。

【図1】道路と敷地の関係で分類。みなさんの家の敷地はどれにあてはまりますか?

【図1】道路と敷地の関係で分類。みなさんの家の敷地はどれにあてはまりますか?

 
泥棒は、約半数が侵入する家の下見をしているといわれます。A~Cの敷地形状を「下見のしやすさ」という視点で見てみましょう。

A:前面道路型

【図1】Aのように、前面道路に敷地の一辺が接している「前面道路型」は、道路に接する部分が長く、家も道路に直接面していることから、泥棒が家の下見をしやすい形と言えます。

■B:路地型

【図1】Bのように路地の部分だけで前面道路に接していて、その奥に敷地がある「路地型」の形状では、泥棒が道路からの家の様子を伺うことが難しく、下見がしにくいことがわかります。しかし、いったん敷地に入り込んでしまえば外部からの視線がなくなってしまう(=犯行を行いやすい)という危険性があります。

■C:角地型

【図1】Cのように敷地の2辺が道路に接している「角地型」では、2方向から家の様子を見れるため、泥棒にとってはさらに下見がしやすい(=狙われやすい)形状であると考えて良いでしょう。

下見でチェックしていることは?

皆さんの家はどれが当てはまりましたか?泥棒は下見することで、あなたの家が、いつの時間帯が留守がちなのか、侵入するのに都合の良い窓や扉があるか、カギはどこについているのかなど狙いやすいポイントを伺っているのです。

新聞受けに数日分の新聞がたまった家は旅行中であることが推測でき、家の周囲にいたずら書きやゴミが放置された家は、家の管理に無頓着であることなどがわかります。その他にも犬を飼っているのか、2階に上れる足がかりがあるかどうかなど、いろんなところをチェックしています。

こんな位置にある窓や扉が危ない

それでは上記で分類した、下見がしやすい【図1】A前面道路型の住まいを例にとり、どの位置にある窓が泥棒に狙われやすいか考えてみましょう。泥棒は人目をたいへん気にするため、下記の部分を狙います。

1)道路から見えにくい、道路と反対側にある開口部
2)道路からみて奥の方にある開口部
(【図2】参照)。

2階でも、バルコニーや雨樋など足がかりのある開口部で、道路から見えにくい部分は同じ様に狙われやすくなります。

【図2】泥棒に狙われやすい開口部の位置。道路から見えにくい側面の奥側や、道路と反対側が狙われやすい。

【図2】泥棒に狙われやすい開口部の位置。道路から見えにくい側面の奥側や、道路と反対側が狙われやすい。

 


狙われやすい場所の対策方法

【図2】で示した狙われやすい場所の対策としては、敷地奥の見通しの悪いところの手前でフェンスなどで立ち入りを制限する、道路から敷地の奥まで見通せるようにする、狙われやすいとされる開口部そのものを防犯性の高いものに交換する、などがあります。

次のページでは泥棒に狙われやすい家の例をご紹介いたします。