住まいは本当に南向きが良いの? 

住まい選びでは住戸の向きにこだわる人が多く、特に南向きに大きな開口のある住居が好まれる傾向があります。したがって、マンションでは、同じ広さ、間取りでも、バルコニーが南に向いている住戸が一番人気があり、価格も高く設定されていることが多いようです。
 
南向きなら太陽の恵みをたくさん享受できます

南向きなら太陽の恵みをたくさん享受できます


でも、何が何でも南向きの物件を…と考える前に、ちょっと他の条件を再確認してみましょう。意外な落とし穴や、より良い選択肢を見つけることができるかもしれません。
 

日本にある南向き信仰ってなに?

古くから日本の住宅は木の柱や梁など大小の軸材を直行して構成する木造在来工法で建てられてきました。この工法では窓などの開口部を大きくとることができました。
 
日本で昔からある木造在来工法。開口部を比較的大きくとることができます。

日本で昔からある木造在来工法。開口部を比較的大きくとることができます。


対照的なのがヨーロッパに多くみられる石造りの家。壁式構造となり、窓の大きさは制限されます。窓が小さく光が少ない家でも、昔からそのような住まいに慣れ親しんでいれば、それを不自由には感じないものです。

私たち日本人は大きな開口部のある家に慣れ親しんできたこと、また清潔好きで、洗濯や布団干しを良く行うこと、そのようなことが南向き信仰の大きな要因になっているといって良いでしょう。
 

南向き住戸は値段が高い

そのような嗜好から、日本のマンションでは同じ間取りでも住戸の向きによって価格に差が出ます。いくらの差が出るかは物件ごとに異なりますが、南向きに比べ、それ以外の住戸にお得感があることは間違いありません。「何が何でも南向きを」と考える前に、今一度、本当に南向きがいちばん良いのか考えてみませんか? 

 南向きのメリットは明るく、暖かく住まえること

南向き住戸のメリットは、「明るく、暖かく住まえること」に尽きます。朝や夕方に陽は直接入りませんが昼間は長時間明るく、部屋の中は暖かく、南側に物干しスペースがあれば早く乾きます。
 

【図1】季節ごとの正午の日射角度の例(北緯35°地点)。図は庇の出が90cm程度の例。夏至で78.5°春分秋分で55°冬至で78.5°の角度となります。夏至では日射は直接窓にさし込まず、冬至では部屋の奥まで陽がさすことがわかります。

【図1】季節ごとの正午の日射角度の例(北緯35°地点)。図は庇の出が90cm程度の例。夏至で78.5°春分秋分で55°冬至で78.5°の角度となります。夏至では日射は直接窓にさし込まず、冬至では部屋の奥まで陽がさすことがわかります。

 
南向きの窓は「暑い」というイメージがありますが、夏は太陽高度が高いためほぼ真上からの日射となり部屋の奥まで陽が入ってきません(【図1】参照)。庇やシェードなどを適切に設ければ窓面への強い日射を防ぐことができるのです。反対に冬は太陽高度が低いため昼間は部屋の奥深くまで光がさし込み、明るく暖かくすごせます。

【関連記事】窓まわりで日射を防ぎ涼しく住まう方法

それでは次のページで南向き住戸の注意点を考えてみましょう。