高級マンション検討者の特性

 
新居を建てたり、2世帯住宅に建て替えたり注文住宅を選択する人の場合は、例えば親の敷地などすでに土地を所有している(あるいはいずれ相続する)ケースがほとんどのようだ。

やはり「土地を買って、上物は注文で建てる」となると金額も相当はるため、ハウスメーカーに初めて訪れる人は土地所有者が大半ということになるらしい。

しかし、予算1億円~2憶円程度で探している人となると少し事情が変わってくる。とくに高級マンションを検討する人などは、新築マンション以外は関心ナシなどと端(はな)から決め打ちで不動産を探している人は意外に少ない。

マンションだろうが戸建てだろうが、あるいは更地であったとしても、情報収集の間口は幅広く保ち、これは! と思った物件に出会える確率を少しでも高めておこうとするものだ。

住まい選びの手段において、注文住宅は一つの理想形。家そのものの姿かたちから、飾り棚の色デザインまですべてが自分の思い通りになる


マンション居住経験者が選ぶハウスメーカー

一度でもマンションなり、団地なり鉄筋コンクリート造り(以下RC造)の建物に住んだことがあり、その後戸建て住み替えた場合、多くの人は木造住宅の夏の暑さや冬の寒さに閉口した経験を持つのではないか。音や揺れに対するRC造の頼もしさについても然り、である。

そこで今回は少し趣向を変えて、住まい選びの間口が広い高級マンション志向者が興味を示しそうな戸建て住宅を紹介したい。耐震性、耐火性、そして耐久性に優れたRC造の注文住宅を推進している大成建設ハウジング「パルコン」である。

都心の高級マンションはデザイン性にも優れた企画が珍しくなくなった。同じようなテイストを注文住宅にも求める声が多そうだ


フルオーダーで堅固な自宅が建てられる魅力は少なからず家選びの過程にある人にとって魅力的ではあるまいか。

次のページ