手づくりの薄焼きピザ

所要時間:60分以上

カテゴリー:パン・ピザピザ

 

オリジナルの具で作る 大人の薄焼きピザ

気のあう友人とのホームパーティにおすすめの、薄焼きピザ。手づくりのピザ生地をはじめ、お食事ピザ、サラダ風ピザ、デザートピザの三種類のトッピング例をご紹介します。

この他にも、缶詰や佃煮、常備菜など取り揃えて、各自でトッピングをすれば、思いもつかない組み合わせが生まれ、パーティの話題も一気に広がります。オリジナルの味わいのピザを見つけてお楽しみください。


薄焼きピザの材料(6枚

ピザ生地
強力粉 200g
薄力粉 50g
ドライイースト 小さじ1
エクストラバージンオリーブオイル 小さじ1
小さじ1/2
(38~40℃) 160ml
トマトソース材料
トマト水煮缶 1缶
エクストラバージンオリーブオイル 小さじ1
小さじ1
バジル バジルの葉 3枚
お食事ピザのトッピング
ひじき 煮物 適量
チーズ モッツァレッラ、パルミジャーノなど 適量
サラダ風ピザのトッピング
ルッコラ 他バジル、紫玉ねぎなど適量
ミニトマト 4個
チーズ クリームチーズなど好みのもの 適量
デザートピザのトッピング例
バナナ 他オレンジ、ぶどう、フルーツ缶詰など 
チョコレートソース 他生クリーム、ヨーグルトなど 
トッピングは上記の他、黒オリーブ、ツナ缶、わさび漬け、生ハム、納豆、アンチョビなどお好みで。またチーズは、モッツァレッラチーズ、パルミジャーノ・レッジャーノ、ゴルゴンゾーラーなどの組み合わせなど。

薄焼きピザの作り方・手順

薄焼きピザ

1:ドライイースト、オリーブオイル、ぬるま湯100mlを粉に混ぜる

ドライイースト、オリーブオイル、ぬるま湯100mlを粉に混ぜる
粉類と塩は合わせて一度ふるっておきます。ドライイースト、オリーブオイル、ぬるま湯(100ml)を混ぜ合わせ、粉の中央にくぼみを作り、少しずつ加え粉と混ぜ合わせます。

2:生地を丸くまとめる

生地を丸くまとめる
ある程度まとまってきたら残りの湯を少しずつ加え、調整しながら耳たぶくらいの硬さになるように手でよく混ぜ合わせ、生地を丸くひと塊にまとめます。

3:打ち粉をした台の上で、生地をこねる

打ち粉をした台の上で、生地をこねる
打ち粉(適量)をした台の上に2の生地を取り出し、手のひらを使って手前から押し出すようにのばし、手前に生地を折りたたむ、を繰り返して5分ほどこねます。

4:生地を1時間ほど発酵させる

生地を1時間ほど発酵させる
ボウルにオリーブオイル(分量外)を薄く塗り、3の生地を入れ、固く絞った布巾をかぶせ生地が2倍ほど膨らむように1時間ほど発酵させます(発酵温度は35~40度くらい)。

5:トマトソースを作る

トマトソースを作る
トマトソースを作ります。ボウルの上にザルをのせ、ホールトマトをへらで裏ごしします。そこに千切りしたバジルの葉、塩、エクストラヴァージンオリーブ油を加え混ぜ合わせます。さわやかな風味のトマトソースです。

6:2倍に膨らんだ生地を、6等分に切り分ける

2倍に膨らんだ生地を、6等分に切り分ける
2倍に膨らんだ生地を、打ち粉をした台に取り出し6等分に切り分けます。それぞれの生地を手の平で軽く押してガス抜きをし、切り口を内側に入れるように手で丸く形を整えます。生地が乾かないように布巾をかけておきます。

7:生地をのばし、オリーブオイル、トマトソースを塗る

生地をのばし、オリーブオイル、トマトソースを塗る
台の上に6の生地をおき、手の平で伸ばしてから麺棒を使って3~5mmほどの厚さに均等に伸ばします。それぞれの生地にオリーブオイルを塗り、トマトソースをスプーンの背で伸ばします。

8:予熱したピザストーンの上にひじきピザを焼く

予熱したピザストーンの上にひじきピザを焼く
7の生地に、ひじきの煮物(水気を切って)をのせチーズをトッピングします。オーブンはピザストーン入れて250度に予熱します。こんがりと焼き色が付くまで10分ほど焼きます。

9:サラダピザ

サラダピザ
サラダピザは、薄く伸ばした生地にオリーブオイル、塩、コショウをして、ピザストーンの上にのせ、8と同じように焼きます。焼きあがってから、サラダ用トッピングをして、レモン汁や好みのドレッシングをふりかけます。

10:デザートピザ

デザートピザ
デザートピザは、薄く伸ばした生地に軽くグラニュー糖を振り、8のように焼きあげ、冷ましてからフルーツなどをトッピングします。

11:ピザストーン

ピザストーン
裏面までピザをカリッと焼き上げるには、ピザストーンがおすすめです。
海外のオンラインショップでも手に入りますが、デロンギのピザが焼ける卓上オーブントースターの付属品ピザストーンがサービス部品として売られています。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。