春を運んでくるストロベリータルト

所要時間:60分以上

カテゴリー:スイーツタルト

 

春を運んでくるストロベリータルト

フレッシュなストロベリーにとろりとしたカスタードクリーム、さくさくのタルト生地の組み合わせがおいしいストロベリータルト。ボウル一つで簡単に作れるタルト生地は、一度マスターすればアレンジ自在。電子レンジで気軽に作るカスタードと共に、季節のフレッシュフルーツを使った四季折々のタルトが楽しめます。

ストロベリータルトの材料(18cm タルト型 1台分

タルト生地
強力粉 50g
薄力粉 50g
無塩バター 50g
グラニュー糖 大さじ1
ひとつまみ
45ml
カスタードクリーム
卵黄 2個分
牛乳 200g
薄力粉 大さじ2
グラニュー糖 40g+大さじ1
バニラエッセンス 数滴
ゼラチン 2g
生クリーム 100ml
デコレーション
いちご 1パック
ミントの葉 適宜
苺ジャム (つや出し用)適宜
粉砂糖 適宜

ストロベリータルトの作り方・手順

タルト生地を作る

1:下準備をする

下準備をする
強力粉、薄力粉、グラニュー糖と塩は合わせてふるっておきます。1cm角に切ったバター、水を冷蔵庫でよく冷やしておきます。

2:粉類とバターを切り混ぜる

粉類とバターを切り混ぜる
ふるった粉類とバターをボウルに入れ、全体に粉をまぶしていく感じで、カードでざくざくと切り混ぜます。バターの塊が無くなり、細かい粒状になるまで繰り返します。

3:冷水を加え生地をひとまとめにする

冷水を加え生地をひとまとめにする
冷水を加えて生地をひとまとめにし、ラップで包んで冷蔵庫で2時間以上、できれば一晩休ませます。休ませることにより生地が扱いやすくなります。

4:型に伸ばして焼く

型に伸ばして焼く
打ち粉(強力粉・分量外)をふった台の上で、生地をめん棒で型よりひと回り大きくのばします。めん棒に生地を巻き付けて型にかぶせ、指で型に沿わせるように敷きこみます。はみ出た生地はめん棒を転がして切り取ります。全体にフォークで空気穴を開け、ラップで覆い、冷凍庫で30分休ませます。生地の上にベーキングシート、その上に重しをのせ、190℃に予熱したオーブンで30分焼きます。粗熱が取れたら、型から出して冷まします。

カスタードクリームを作る

5:卵黄、グラニュー糖、薄力粉、ゼラチンパウダーを混ぜる

卵黄、グラニュー糖、薄力粉、ゼラチンパウダーを混ぜる
薄力粉はふるっておきます。耐熱性のボールに卵黄、グラニュー糖、薄力粉、ゼラチンパウダーを入れ、泡立て器でクリーム状に白っぽくなるまでよく混ぜます。

6:牛乳を加えて加熱する

牛乳を加えて加熱する
牛乳を少しずつ加えてよく混ぜます。電子レンジ(600w)で4分加熱、途中で吹きこぼれないよう1~2回取り出して泡立て器でよく混ぜます。

7:バター、バニラエッセンスを加えて冷ます

バター、バニラエッセンスを加えて冷ます
ストレイナ?を使って裏ごしします。裏ごしすることにより口当たりがなめらかなカスタードクリームになります。バター、バニラエッセンスの順に加えて、そのつど泡立て器でよく混ぜます。ラップを表面に張りつけて冷やします。

仕上げをする

8:カスタードクリームと生クリームを合わせて型に入れる

カスタードクリームと生クリームを合わせて型に入れる
大さじ1のグラニュー糖を加えて7分立てにホイップした生クリームとカスタードクリームを泡立て器で混ぜ合わせ、型に入れます。

9:いちごを飾り仕上げる

いちごを飾り仕上げる
いちごとミントを飾り、いちごの切り口には苺ジャムを刷毛でぬります。好みでさらに粉糖をふり、仕上げます。

ガイドのワンポイントアドバイス

タルト生地はすべての材料を充分に冷やした状態で、手の温度でバターが溶けだしてこないように手早く作るのが、サクサクの生地の秘訣です。フードプロセッサーで作ればさらに時間短縮でき、失敗がありません。本来のタルト生地はコーンスターチの入っていない粉糖を使い、焼き上がりももろいので扱いには注意が必要ですが、今回の生地はタルトにも応用できる簡単パイ生地を使いました。この生地は甘いタルトだけでなく他のパイにも応用が利き、グラニュー糖を除いた材料で作れば食事代わりになるキッシュなども作れます。空焼きまでした状態で冷凍しておくといつでも思い立った時に季節のタルトが楽しめます。