鯛めしを土鍋で豪華に作る、お祝いに人気のレシピ

所要時間:60分

カテゴリー:炊き込みご飯鯛めし

 

土鍋に鯛が丸ごと入った豪華な鯛めし

お祝いの席には、鯛を丸ごと入れて炊き込んだ鯛めしがお勧め。目の前でふたをあければ食卓が華やぎ、歓声があがること間違いありません。鯛のエキスが存分にしみ込み、ふっくらとした身が混ぜ込まれた豪華な炊き込みご飯。ぜひお楽しみください。

購入時に店頭でさばいてもらうのが楽ですが、ご自身でさばく場合は、鯛の下ごしらえの方法も合わせてご覧ください。

 

鯛めしの材料(4人分

鯛の下処理
中1匹 体長30cm幅15cmくらいのもの
大さじ2/3
ご飯の下ごしらえ
3合
昆布 3cm×10cm 1枚
4カップ
醤油 大さじ3
大さじ2
小さじ2/3
薬味
生姜 15g
三つ葉 少々
今回は、体長30cm幅15cmの真鯛を使用しています。土鍋は外径25cm内径21cmのものを使っているので、鯛がはみ出てしまいますが、炊く時には尾を折りたたみ、完成時には尾をおこしますので見た目も豪華になり、仕上がりには問題ありません。

鯛めしの作り方・手順

下準備

1:米を洗い、水気を切っておく

米を洗い、水気を切っておく
米を洗って30分程ザルにあげておき、水気を切ります。

2:下ごしらえした鯛に塩をふる

下ごしらえした鯛に塩をふる
下ごしらえした鯛の身の表面全体に塩をふります。
塩をふっておくと生臭みが消え、魚のうまみが引き立ちます。切り身を購入した場合は、軽く水洗いして濡れ布巾などで水気を取り、塩をふります

3:ガスコンロで焼く

ガスコンロで焼く
塩をふった鯛をガスコンロで約10分間、こんがりと焼きます。
ガスコンロの火が鯛に近すぎる場合は、アルミホイルを1枚かぶせて焼くと、局所的に火があたらず全体がきれいに焼けます

鯛めしを土鍋で炊く

4:土鍋に米、昆布、調味料を入れる

土鍋に米、昆布、調味料を入れる
土鍋に米を入れて昆布をのせ、水、醤油、酒、塩を加えて全体をしゃもじでざっくりと混ぜます。

5:焼いた鯛をのせて強火にかける

焼いた鯛をのせて強火にかける
焼いた鯛を上にのせ、ふたをして強火にかけます。
尾が鍋からはみ出る場合は折りたたんで入れましょう。完成時に尾をおこせば豪華に見えます

6:沸騰したら中火、弱火の順で炊きあげて蒸らす

沸騰したら中火、弱火の順で炊きあげて蒸らす
沸騰してきたら、中火にし約5分、更に弱火にして約7分、火を止めて10分間蒸らします。
ふたの蒸気口から湯気が立ち、ボコボコと中から音が聞こえたら沸騰している合図です。まれに蒸気口から中の調味液が吹くことがあるので気をつけてください

薬味を準備する

7:生姜は千切りにし、三つ葉は刻んでおく

生姜は千切りにし、三つ葉は刻んでおく
生姜は皮をむき、1.5cmの長さの千切りにします。三つ葉は根を取り、1cmの長さに刻んでおきます。

食卓へ

8:鯛の身と生姜を混ぜ込み、三つ葉を添える

鯛の身と生姜を混ぜ込み、三つ葉を添える
土鍋の蓋をあけ、昆布を取り除き、鯛の骨、頭、ひれ、尾を取って身をほぐします。鯛の身と生姜をご飯に混ぜ込み、茶碗に盛り付け、上に三つ葉を添えます。

生姜を入れると辛みがつくので、好みにより入れなくても良いでしょう。骨は大きくて太いのでしっかりと取り除いてください

ガイドのワンポイントアドバイス

鯛は身が厚く、尾に幅があり太っているものが良品。目に濁りがなく、目の上が青っぽい紫色に輝いているものが鮮度の良いものです。全体が色鮮やかで輝きがあるものを選びましょう。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。