フランダースの犬の舞台、アントワープへ

活気ある臨海都市アントワープ©Toerisme Antwerpen

活気ある臨海都市アントワープ©Toerisme Antwerpen

夏は水辺が気持ちいい

夏は水辺が気持ちいい©Toerisme Antwerpen

ヨーロッパ第2位の規模の港を臨むアントワープは、古くから立地の良さで交易が盛んなコスモポリタンシティ。近隣諸国からの侵略や水路の封鎖といった紆余曲折を経ながらも、その度に不死鳥のように蘇ってきました。

特に16世紀前半は経済的にも文化的にも世界が羨む繁栄を享受。現在もフランダースを代表する都市としてベルギー経済をリードし続けています。

 

アントワープの魅力

童話『フランダースの犬』の少年ネロと愛犬パトラッシュも仰いだ優美な聖母大聖堂をはじめ、町中は歴史を刻む建造物が顔をのぞかせます。旧市街の約2割は歩行者天国。重要スポットがほどよく中心地に密集しているため、徒歩だけで効率的な観光ができます。

私が噂のルーベンス

私が噂のルーベンス

バロック絵画の巨匠ルーベンスの故郷。ダイヤモンド産業の中心地で研磨技術も世界最高峰。王立芸術アカデミーはドリス・ヴァン・ノッテンやウォルター・ヴァン・ベイレンドンクといった才能を輩出。まさに時代と分野を越えた「美の宝庫」、アントワープ。クリエイターや芸術愛好家を刺激する土地柄だけに、ショップやレストランだって日本人観光客を唸らせる独創的で洗練されたスポットばかり。

町の魅力を味わい尽くすには最低2日の滞在期間をとりたいものですが、見たいところを絞りこんだ半日観光でも充実な時間を約束します。

 

アントワープの気候、言語

年間を通し東京よりも涼しめで、小雨が多く天気が変わりやすいのが特徴。「青空に雨がパラリ」ということもしばしば。基本的にブリュッセルと気候はあまり変わりませんが、港や川沿いを歩く時は冷たい風にご用心下さい。

公用語はオランダ語ですが、他のフランダース地域と同様に英語が得意な人が目立ちます。フランス語を使える人にもよく出会います。

日本からアントワープまでのアクセス

中央駅は高速特急の発着駅©Toerisme Antwerpen

中央駅は高速特急の発着駅©Toerisme Antwerpen

ベルギー国鉄(NMBS / SNCB)の路線が国内に伸びて他都市からのアクセスが便利。所要時間はブリュッセルから45分、ゲントから50分、ブリュージュから1時間20分。ブリュッセルとアントワープ間は片道6.60ユーロの安さです。

ヨーロッパの主要都市からはタリスなど高速特急が乗り入れており、パリとアムステルダムからはそれぞれ約2時間の近さ。空港が中心部から7キロ離れた郊外にありますが日本からの直行便はありません。