意外と安いベルギー国内の交通費

ブリュッセルの地下鉄の駅にポール・デルヴォーの作品も

ブリュッセルの地下鉄の駅にポール・デルヴォーの作品も

ベルギーはトラムも多く走る

ベルギーはトラムも多く走る

日本より全体的に割安感があるのが交通費。日本からの旅行者でレンタカーを使う人は少なめとはいえ、ベルギーでは高速代すら無料です。列車でも車でも、国内の移動が安くできるのが嬉しいところ。

ブリュッセル市内の地下鉄のチケット代は1.80ユーロ(バスなど車内で購入すると2.0ユーロ)。パリの1.70ユーロにくらべてやや高いかと思いきや、パリと違って「地下鉄、バス、トラムとも1時間以内であれば同じチケットを使って乗り継ぎ可能」なので、実はかなり良心的なのです。もちろん10回チケット(12.50ユーロ)、1日乗車券(4.50ユーロ)などもありますので、用途に合わせてお得なものを選びましょう。

詳しい料金等は以下のサイトをご参考に。

ブリュッセルの市内交通に関してはこちら>>>ブリュッセル首都圏交通会社(STIB)
フランダース地域の市内交通に関してはこちら>>>フランダース地域公共交通(De Lijn)
ワロン地域の地域の市内交通に関してはこちら>>>ワロン地域公共交通(TEC Wallonie)

国鉄で積極的に地方にも出かけよう

国鉄で積極的に地方にも出かけよう

また国内周遊に便利なのがベルギー国鉄。国内の主要都市をしっかりつなぎ、それぞれ都市の中心地まで乗り入れているので使い勝手が良いのが自慢。そもそも日本の12分の1の国土と小さな国なので、都市同士が比較的近くに位置するため、列車料金もそれほど上がりません。日本の国内旅行の際にかかる移動費とくらべると、ベルギーの国内旅行は格安。時間が許せば積極的に地方都市まで足を伸ばすことを強くお勧めします。

参考までに首都ブリュッセルからアントワープまでは列車で48キロ、大人の割引なし2等車料金で片道6.70ユーロ。ブリュッセルから人気の観光都市ブルージュまでは列車で97キロ、大人の割引なし2等車料金で片道13.10ユーロです。さらに往復チケットを一緒に買うと大幅に安くなることが多く、バカンス時期は割引チケットもよく登場します。

ベルギー国鉄の詳しい料金等はこちら>>>ベルギー国鉄(SNCB)

重い荷物がある時に便利なタクシーは、基本乗車料金が6時から22時までは2.40ユーロ、夜間は4.40ユーロ。こちらに料金は市内で1キロにつき1.50ユーロ、市外で2.70ユーロ。ブリュッセル空港から市内中心地までは約30ユーロとなっています。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。