タイ料理:鶏肉のバジル炒め

タイ料理定番の鶏肉のバジル炒めごはん

バジル炒めごはん

タイの食堂や屋台では、炒め物などをフライパンひとつでチャチャッと作り、ご飯と盛り合わせて出すのが定番ご飯。
なかでもこの炒め物は、タイの人たちがお昼ごはんによく食べる代表的な一品です。肉は豚、牛、エビにかえても大丈夫。食感を生かすため、できれば包丁で粗くたたいたほうがよいですが、市販のひき肉をつかってもOK。
材料を揃えたら、驚くほど早く出来上がるので、忙しいときやブランチにも最適。バジルの香りが決め手の、ご飯にぴったりの炒め物です。
ご飯とカリっと焼いた半熟の目玉焼きを添えて、タイの屋台スタイルでお召し上がりください。
 

材料

 
鶏モモ肉 …… 200g
スイートバジル …… 4枝
ピーマン …… 1個
赤ピーマン …… 1個
にんにく …… 2片
香菜の根のみじん切り(なくても可) …… 2本分
赤唐辛子みじん切り …… 1~2本
※オイスターソース …… 小さじ2
※ナンプラー …… 小さじ2
酒 …… 小さじ2
鶏がらスープ …… 大さじ4
砂糖 …… ふたつまみ
サラダ油 …… 適宜

◆シーズニングソースが手に入ったら、※の調味料をシーズニングソース小さじ2、ナンプラー大さじ1でお試しください。さらに香ばしい香りが広がります。
◆エリンギやしめじなどのきのこ類、たけのこなどを加えても美味しくいただけます。

フレッシュバジル



タイでは、個性的な強い香りの「バイガパオ(ホーリーバジル)」(写真右)と呼ばれるバジルの仲間を使いますが、バイガパオは手に入りにくいため、今回は日本でもおなじみの「スウィートバジル」(写真左)を使いました。
スウィートバジルでもじゅうぶんタイの味が感じられますよ!
 

 

  作り方

〔1〕 鶏もも肉は粗くたたく。赤ピーマン、ピーマンはひし形切りにし、バジルは葉だけ摘む。にんにくは叩き、粗みじん切りにする。
※鶏ひき肉は、食感を残すために粗めにたたきます。鶏肉の皮や脂が気になる場合は、取り除いてください。

〔2〕フライパンにサラダ油を熱し、にんにく、赤唐辛子、香菜を入れ、香りが出たら鶏ひき肉を加え、炒める。

〔3〕鶏ひき肉の色が変わり、香ばしい色がついたら鶏がらスープを加え、ひと煮立ちさせ、ピーマン、赤ピーマン、調味料を加える。
少し煮詰めたらバジルを入れ、軽く混ぜて火を消す。
 

タイの屋台スタイル

タイ料理定番の鶏肉のバジル炒めごはん

バジル炒めごはん
 

タイでは、半熟の目玉焼きをのせた白いご飯と一緒に皿盛りにし、黄身をくずして全体をよく混ぜながらいただきます。
えびせんべい(ポテトチップスでも)、きゅうり、ナンプラーに唐辛子を合わせたソースなどを合わせれば、カフェ風のオシャレなワンプレートご飯になりますよ。

【簡単!タイ料理レシピ】 【おすすめタイ料理店】 【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。